年収800万以上の人達のライフプランの考え方

とある会社のアンケートでは、年収800万円以上の人が新築マンションや注文住宅を購入する割合は、年収が600万円や400万円の人よりも高いと出ています。中古マンションや建売住宅より高い買い物ができるのも、ひとえに組める住宅ローンの額が大きいからでしょう。

また、年収が高い人ほど頭金を多く用意できるのも自明の理。初期にコストをかけられるのは、住宅の購入において大きなメリットです。

年収800万円の人の借入可能額とは?

借入可能額を考える前に、まずは月々いくらなら無理なく返済できるかを計算します。

800万円×35%÷12=約23万3000円

35%という数字は、年収の何割を住宅費用に充てられるかの一般的な数字です。こうして算出された数字をベースに、借入限度額を計算してみましょう。借入限度額は、(毎月の返済額÷1000万円あたりの毎月返済額×1000万円)で算出されます。

23万3000円÷4万2160円×1000万円=約5526万円
(金利3%、返済期間30年で計算)

借入限度額に頭金をプラスした額が購入できる物件の総額。そう考えると、6000万円超の物件を購入することも可能です。都内に注文住宅を購入することも決して夢ではありません。

年収800万円の子どもの数の目安

年収が800万円あれば、住宅ローンを支払いつつ、子ども2人を大学に進学させるのは十分に可能でしょう。それだけでなく、子どもを3人以上育てることもできなくはありません。賑やかで楽しい家庭をつくれそうですね。

ただし、子どもが増えれば増えるほど教育費が重なる期間が長くなることは頭に留めておきましょう。場合によっては、子ども3人が同時期に大学に通っている、という状況になることも。国公立大学でも年間の授業料は50万円超。3人で150万円以上かかることも頭に入れた上で、しっかりマネープランを立てましょう。

年収800万円の生命保険の加入の目安

年収800万円で子どもが3〜4人いる家庭では、必要保障額は約1億1000万円程度。やはり、子どもの教育費や生活費のことも考えると、その額はケタが違ってきます。この額をクリアするために、収入保障保険(死亡保障当初1億700万円、年金での受け取りは月額30万円)と死亡定期保険(約1000万円、掛け金月額約1700円)の両方でカバーするのも一案です。

掛け金は約1万7千円程度と高くはなるので、ファイナンシャルプランナーとよく相談して決めましょう。