経営者の方への保険の相談

『法人の方、個人経営の方への保険の相談』

保険への加入は一般的に「個人」が行うことが多いですが、「法人」の方が行うこともあります。
法人の保険とは、「自身の会社従業員の福利厚生や企業年金」であったり、自分の会社の後継者への「事業継承資金」であったり、「役員の年金」などがそれにあたります。

しかしここで、法人の方へ覚えておいて欲しい重要な点とは、法人の保険は国自身が税制という観点で大きな補助施策を実施しているということで、つまり「節税効果がある」ということです。

個人でも相続税や所得税などの節税に効果がありますが、法人の場合だと大きく優遇されています。

ですが、こちらの保険商品は一般の個人の保険とは比べ物にならないぐらいの知識が必要です。
国内の法律を全て理解した上で、個々の法人に対しての保障と節税を考えなければなりません。
そうなると、金額も莫大なものになります。

これらのことは、専門のファイナンシャルプランナーなら分かっていて当然ということですが、
一般の方や、法人の経営者などでも分からないことだらけです。

これら様々な保険商品に対して専門的な知識を有しているファイナンシャルプランナーに相談するのが一番です。