不動産・住宅ローンの相談

住宅ローン減税か現金か

えび(神奈川県)

相談中 2018年04月18日
この度、3200万円の住宅購入を考えております。
銀行からは住宅ローン減税を利用して、11年目に一斉返済するのが
良いと言われました。
しかしローンにかかる手数料や諸経費を考えると現金で購入してしまうのが
良いか迷っております。
夫(40)
妻(39)
子(5)
年収は夫婦合わせて700万程度で二人の貯蓄を合わせると現金購入も
不可能ではありません。
アドバイスの程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

No.1265

回答 7件

山田 里見 ファイナンシャルプランナー
所属:ライフコンサルタント事務所
エリア:

えびさん

はじめまして。東京都狛江市のファイナンシャルプランナー事務所を営んでおります山田です。住宅購入・不動産投資から 保険の見直しと、幅広くお金のご相談を承っております。

早速ですが、ご質問の件、
えびさんの状況からわたくしとしては、住宅ローン減税を活用しつつ、且つメリットを増幅できる提案を考えております。

しかしながら、上記の情報のみで当掲示板にて個別具体的なお話をするのは差し控えたいと考えます。
ご興味がございましたら、ご連絡いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

2018年04月18日


コメントする

西山 広高 ファイナンシャルプランナー
所属:西山ライフデザイン株式会社
エリア: 東京都 大田区

えびさん

はじめまして。
大田区で開業している不動産に強いFP 西山ライフデザイン 西山と申します。

いただいている情報だけでは何とも言えませんが、住宅ローンを活用し、お子様の教育資金なども資産形成も含め長期計画でご検討されるのも選択肢ではないかと思います。

2018年04月18日


コメントする

關 雅也 ファイナンシャルプランナー
所属:有限会社 新世紀
エリア: 東京都 町田市

初めまして 東京町田と銀座で28年FPをしている、【ドクターマネー】こと關雅也<せき☆まさや>です。

お二人で住宅購入をお考えで、現金一括か住宅ローンかをご検討とのこと。

ズバリお答えします!
・変動金利で、最長の期間で住宅ローンを組んでください。

理由は、住宅ローン減税しかりですが、何よりメリットばかりで手数料なんて問題にならないくらい些細なものです。
以下にメリットを記載します。
・住宅ローンは金融商品の中で最低金利で調達できる資金であること
・住宅ローンを組むときに団体信用生命保険に加入すると、借主死亡の際は生命保険で完済できること
・咄嗟の資金が必要になった時でも、自己資金があれば困らないこと
・グローバルにポートフォリオ運用すれば、住宅ローン金利との差額が大きく利子として受け取れること

現金一括購入すると、これらのめりを放棄するだけでなく、咄嗟の資金や働かなくなった際の生活資金調達も保険などで手当てせねばなりません。

詳しくは個別に。

2018年04月18日


コメントする

松本 喜子 ファイナンシャルプランナー
所属:はなFP事務所
エリア: 東京都 板橋区

えびさん


はじめまして。
保険などの商品を販売しない、珍しい独立系ファイナンシャルプランナー「はなFP事務所」の松本喜子です。

ご質問のご回答は、次の点などを考慮に入れて考える必要があります。

・今後のライフプラン(将来設計や収支の流れ)
・資産運用をどのくらい取り入れるか?
・どのような生命保険に加入されているか?(住宅購入により見直しされる場合は、その内容も含めて)
・えびさんのお金についての考え方やタイプ

お金のことに一般論はあまりありませんので、ご希望でしたら、いつでもご相談くださいね!

2018年04月18日


コメントする

梶田 けい子 ファイナンシャルプランナー
所属:梶田ファイナンシャルプランニング事務所

えびさん、はじめまして。
フィーオンリーの梶田ファイナンシャルプランニング事務所です。

住宅ローン減税か現金かとのご質問ですが、どちらにするべきかは、もう少し判断材料が欲しいところです。
その判断材料となるものを少し提供したいと思います。

1つ目は、ここでもよく申上げておりますが、2020年の東京オリンピック閉会後以降は、東京23区内でも人口の減少が予測されると統計で出ていることです。

2つ目は、2022年問題です。2022年以降になるとこれまでは生産緑地だった土地が一斉に放出されるということです。
これはどういう事かと言いますと、これまでは生産緑地化されていた土地の固定資産税は農地なみと固定資産税を低く抑えられていました。
その変りに、宅地としては販売できませんので、それを地主はずっと持ち続けていました。

しかし2022年には、その期限も来ますので、この土地の固定資産税率が宅地並に跳ね上がりますので、多くの所有者が土地を売却し始めると考えられます。
宅地並みに課税になれば、宅地として売却できます。
この土地の広さは東京都だけでも東京ドーム724個分(3,329.80ha)と言われています。
お住まいの神奈川県では、東京ドーム305個分(1,404.10ha)の土地が、今宅地として売却できる時期を待っている状況です。

3つ目は、そうするとそれ以前に購入した住宅の土地の価格は下がると予想されます。

4つ目は、日本政府はそれを見据えて既存住宅(中古住宅)に価値を持たせる方向へと方向転換をして来ています。

お世話になっております住宅アドバイザーの方が、今後マイホームの購入を考えて見える方に対して以下の注意点をあげています。

①今月から改正になりました宅建業法では、不動産業者は既存住宅の売買について建物状況調査(ホームインスペクション=住宅診断)という制度があることを説明することになりました。
②既存住宅を診断してから購入したい売却したいという要望を理由もなく拒否する不動産業者は避けた方が良いと思う。
③住宅診断と言っても多様な診断が存在することになってしまいました。
(1) 宅建業法上の「建物状況調査」
(2) 既存住宅の売買の際に加入する瑕疵保険(既存住宅売買瑕疵保険)の「現場検査」
(3) 一般的に実施される「ホームインスペクション」さらに購入後にリフォームをしようとお考えの方には「長期優良住宅化リフォームの現場検査」も必要になるかもしれません。

ということです。


5つ目は、こうした問題に政府が取り組む背景には、既に空き家・空き室問題が浮上しています。
そこに更に、住宅が増え人口が減少すれば今以上に空き家・空き室が増えることになります。
ですから三世代同居という減税処置も行なわれる事となりました。

6つ目は、既に実施されていますが、この空き家の持ち主には、空き家の管理を義務付けています。
この義務を怠りますと固定資産税率が、通常の6倍の税率で課税される事になります。

7つ目は、こうした今後の状況下の中で、えびさんご一家は、終身その家でお暮しになるのか?

老後は、他の土地に住む予定であれば、購入される家を上記の検査に合格した優良住宅にと、メンテナンスを行う必要があります。
これを「安心R住宅」と言って国のお墨付きを付けて既存住宅の流通活性化を図るものです。

8つ目は、えびさんご夫婦が亡くなった後に、そこが空き家になり、それを相続された方が、空き家の管理で困る事がないか?

残された遺族の方が、空き家の管理ができないと、今の住宅ローン減税は、将来空き家の管理ができないという事で、固定資産税率が通常の6倍取られてしまうことにでもなれば、住宅ローン減税は固定資産税率6倍で相殺されてしまいます。

以上、マイホーム購入に関してだけ注意点を述べさせていただきました。

何か、判断のお役に立てれば良いです。


家計全体を考えますとまだまだ問題点はあります。










2018年04月18日


コメントする

岩崎 克哉 ファイナンシャルプランナー
所属:Office Iwasaki  

はじめまして。横浜市でFP事務所を構えていますOffice Iwasaki 岩崎克哉と申します。

現金購入可能でしたら、買われるほうを選択してもいいと思います。
拠出される金額に応じて、持ち分登記するかどうかは検討が必要です。

もう一つの選択肢としては、一部ローンを組む方法です。

いただいた情報の範囲では、明確にお伝えできませんが、
ローンにかかる手数料や諸経費は金融機関で異なりますので、
低く抑えることが出来る銀行を選択することもポイントです。

2018年04月18日


コメントする

安井 大輔 ファイナンシャルプランナー
所属:FP事務所クライムアップ
エリア: 東京都 多摩市

はじめまして、クライムアップの安井と申します。いま、載せておられる内容だけで一概にベストがこれ…とはお伝えしかねますが、今の固定金利1%台の金利水準で借り入れができたと仮定すると、11年で完済するよりもむしろそのまま長く返済を続ける方がメリットや安心感を取れる可能性もございます。11年後はお子様は16歳で一番学資等が気になるご年齢に成長されています。繰上げ返済をして、1%台の金利の借入れを潰したとしても、もし資金ショートにより学資の借入をしたら…今の金利水準でも3%程度の金利を支払うことになります。いろんなFPに話を聞くといろんな結果があり、一概にこれが正解というものはないかも知れません。ただ、1つの目標としてこうする。しかしそう出来ない状況になってもこうだから大丈夫…という納得のいく形を見つけられれば良しとされてはいかがでしょうか?

2018年04月19日


コメントする





更新情報

2018-08-12
石川県金沢市のFP、 北島未来経営研究所の北島先生を掲載しました。

2018-07-30
広島県広島市のFP、 be the light株式会社の岩元先生を掲載しました。

2018-07-30
東京都墨田区のFP、 の齋藤先生を掲載しました。

2018-07-28
東京都新宿区のFP、 株式会社FPバンク 新宿officeの冨永先生を掲載しました。

2018-07-25
埼玉県熊谷市のFP、 株式会社スプラウトの細田先生を掲載しました。

2018-07-25
東京都品川区のFP、 転勤族と女性のための家計相談所 FP事務所マネセラの張替先生を掲載しました。

2018-07-03
東京都府中市のFP、 田熊FPコンサルティング合同会社の田熊先生を掲載しました。

2018-06-17
神奈川県茅ヶ崎市のFP、 さくらFPオフィス/さくら保険オフィスの森内先生を掲載しました。