子供の教育費はいくら掛かるでしょう?

教育費用は「三大支出」の一つである教育費の相談もよくある相談の一つです。
まずは、必要と思われる概算額を算出することが大事です。

一般的なデータとして、教育資金には1000万~2000万が必要といわれています。
何故ここまでに幅が出てくるのかというと、公立と私立という問題からです。
全てを公立にすると約1000万円、全てを私立にすると2000万円以上かかるというデータがあります。
子供の将来に関することなので、未来予想としてしかありませんが、漠然とでもいいので、
進学経路を考えると、必要予想額が算出できます。

次に、必要額をどのような手段で準備するか考えましょう。

よくあるのが以下のような方法です。

  • 保障との組み合わせで学資保険を利用する。
  • 福利厚生制度を利用して、貯蓄する。
  • 有利な金融商品で長期の運用をする。
  • 奨学金や教育ローンを利用する。
しかし、ほとんどの場合、手段は知っていてもどのように利用すればいいのか分からないという方が
ほとんどです。そういう時のためにファイナンシャルプランナーが存在します。

ファイナンシャルプランナーは保険や福利厚生、金融商品のプロです。
プロに相談することによって、あなたもこれからの道を定めやすくなります。
当サイトに掲載しているファイナンシャルプランナーは企業の専属ではなく、
独立系中立のファイナンシャルプランナーが多く、掲載しています。
ですので、偏った商品の説明や契約の強要を迫られるといったことも無く、
あなたに合った客観的な分析を聞くことが出来るので、情報を手に入れるということで
十分に相談する価値があります。
一度ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか?