不動産・住宅ローンの相談

沖縄北谷町物件 住宅ローンについて

はやしや(沖縄県)

相談中 2018年09月13日
住宅ローンについてのご相談です。

現在賃貸物件で暮らしており、月々の家賃は約7万円です。
最近、近隣にできたマンション購入を検討しています。

夫は41歳、年収450万の固定年俸
妻(私)は38歳、年収350万程度、勤務先の業績により、
賞与や残業時間が流動的な為、目安となります。
因みに昨年の世帯年収は800万程度です。
子供は今後も持たない前提です。

現在検討している物件は、3300万定期借家権付の
ものです。
150万円程度しか貯金も無く、フルローンで考えています。

正直、私は厳しいと考えていますが、主人は
厳しくなったら売却すれば良い、という考え方です。
地元の同級生が、同じエリアに、投資目的のマンションを購入したこともあり、主人は将来的に売却時の価格は、
購入価格より上がると考えているようです。
沖縄県内、中部エリアの物件は、値上がり傾向であるのは
理解していますが、不安がつきません。

これから借入の相談を始める予定ですが、その前に
第三者のご意見を伺いたく、アドバイスを
いただけないでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

No.1290

回答 2件

半田 典久 ファイナンシャルプランナー
所属:多摩プランニングオフィス
エリア: 東京都 調布市

はやしやさん

端的にお答えします。

物件やその他沖縄特有の条件、勤務先の状況もあると思うので、そこはわかりません。
その他ローンの組み方にもよる部分もあるとは、思います。

わからないところは除外して、一般論としてのお答えをします。

まず、貯金が150万円しかない中での、フルローンはお勧めしません。
住宅を買えば、何かと新品が欲しくなり、買い替えをしたり、
その他諸費用も出るでしょう。

手許の貯金が残らないようなことになるのではないですか?
現状のまま150万円まるまるあっても、少なすぎると思います。
300万円位はある方が良いでしょう。

沖縄はわかりませんが、全国的に不動産が高い時期です。
さらに、人工知能の利用などで、10年後は、仕事の半分がなくなるとも言われています。

半分なくなるかどうかは別にしても、会社や仕事内容は大きく変わるでしょう。
正直、これから10年20年の収入は、誰しもがまったくわからないのです。

定期借家権(借地権?)のマンションは、さらに不明朗です。
もちろん買いたい人もいるでしょうが、さらに売る時は期限が短くなっている状況で、
それを買いたいか?というと、時期次第でしょうが、他の物件より、避けられる可能性が、かなり大です。

少なくとも、買った時より上がるのは、非常に考えづらいでしょう。
簡単に売ればいいという発想は、非常に危ない発想です。
(本土では、15年後は空き家が3割になります。周辺に、すでに空き家が多くないですか?)

相当(半分とか)ローンを返していないと、まず売れないでしょう。(価格が下がっているため)
それは、今の預金の状況なども考えると、無理ではないですか?

いずれにしても、不安を抱えてまでも、マンションをフルローンの定期借家権のマンションを買う意味がわかりません。
マンションを買って不幸になる可能性は、今後かなりありますが、買わなくても、別に不幸にはなりません。
幸福感は、買った時から数年、何年も経てば、そんな気分は冷めて行きます。

参考までに、返済額は、後で破たんしないために、固定金利で、収入の20%以下になっていることも必要です。
貸す方は、もっと30~40%も貸すかもしれませんが、そんな話に乗らないことです。
(借りる相手のことなど考えていないので、貸せば自分の成績が上がることだけしか考えていません)

とにかく、ハッキリ言えるのは、無理したり、不安で買うものではないです。
今後を考えれば、相当余裕のある人だけが買うべきだと思います。

2018年09月14日


アドバイスありがとうございます。

主人へ説得する上でも、とても参考になりました。
夫婦二人の意見では、良い答えが出せる気が
しなかったので、安心しました。

定期借地権(すみません借家権は入力誤りです)付
物件の売却条件も、納得です。

ご指摘の通り、沖縄県内も物件の価格は上がる一方、
年齢的な事も考えると、適切な購入時期に
悩むこの頃でもあります。

住宅の購入については、熟慮の上、納得できる
判断をしたいと思います。ありがとうございました。

2018年09月14日


コメントする

森本  直人 ファイナンシャルプランナー
所属:(株)森本FP事務所

はやしや様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

住宅ローンを組んで家を買うこと自体は問題ないと思うのですが、
一番気になったのは、厳しくなったら売却すれば良い、という考え方です。

仮に、ローンの返済が厳しくなり、急いで売る必要に迫られた場合は、
相場よりも安く売らざるを得なくなる(買いたたかれる)ケースがあります。

また、手取りの売却代金で、借入金を完済できない場合は、
その残債をどう返済するのかという問題も出てきます。

投資や事業を始める場合もそうなのですが、いきあたりばったりや
思い付きで始めて、上手くいかなかったら手放せばよい、という方針は
問題が起こりやすいです。

なので、家を買うにせよ、買わないにせよ、まずは、将来のお金の流れを
試算し、具体的な数字の計画を立ててみることをおすすめします。

そうすると、努力すれば十分に返済していける、
やはり住宅ローンの返済負担が重いと、日々の生活を楽しめなくなる、など、
判断材料が見えてきます。

現時点で貯蓄が150万円程度しかないのも、やや気になるところなので、
今後の年金制度の動向なども見据えて、総合的にお金や住まいの課題を
考えてみることをおすすめします。

2018年09月14日


コメントする





更新情報

2018-09-14
沖縄県那覇市のFP、 あいエフピーの大浜先生を掲載しました。

2018-08-30
三重県四日市市のFP、 アイティーオー株式会社の伊藤 先生を掲載しました。

2018-08-12
石川県金沢市のFP、 北島未来経営研究所の北島先生を掲載しました。

2018-07-30
広島県広島市のFP、 be the light株式会社の岩元先生を掲載しました。

2018-07-30
東京都墨田区のFP、 の齋藤先生を掲載しました。

2018-07-28
東京都新宿区のFP、 株式会社FPバンク 新宿officeの冨永先生を掲載しました。

2018-07-25
埼玉県熊谷市のFP、 株式会社スプラウトの細田先生を掲載しました。

2018-07-25
東京都品川区のFP、 転勤族と女性のための家計相談所 FP事務所マネセラの張替先生を掲載しました。