不動産・住宅ローンの相談

パートでも住宅ローンは組めるのか

はやせいママ(愛知県)

解決済み 2017年11月08日
私は、30歳の男の子2人(4歳、1歳)の母親です。現在は看護師としてパートで働いており、年収は130万弱におさえています。
旦那は32歳会社員です。
旦那の実家建て替え(3年前)時、義理親ではローンが組めないという理由で旦那が住宅ローンを組んでいます。(同居してほしいとのことで建てたそうですが私が同居拒否しました。)
旦那がローンを組んでいるためにマイホームは無理だと言われていたのですが、子供も成長してきたし、私たち夫婦も30歳をこえ、私たちだけのマイホームの夢が捨てきれず…
私単独で住宅ローンは組むことが出来るのでしょうか?その場合、子供がまだ小さいのでパートで働きたいのですが、勤務日数、時間を伸ばしてギリギリまで働くつもりです。
パートでもローンは組めるのか?
組めるのならば、年収どれくらいは必要か?
勤続年数は関係あるのか?
フラット35であれば組めそうですか?
安い建売住宅でも構いません。マイホームがほしいので、もし望みがあるならと思い質問いたしました。お願いします。

No.1238

質問者からのメッセージ

2017.11.16

とても参考になりました。ありがとうございました。またご縁がありましたらご相談させていただきます。

回答 5件

椿谷 法子 ファイナンシャルプランナー
所属:住宅ローン・アパートローン相談センター(有限会社IEコンシェルン)
エリア: 東京都 葛飾区

初めまして。住宅ローンアパートローン相談センター椿谷と申します。
この度は、お問い合わせいただきまして、誠に有難うございます。

さて、ご質問の件について回答させて頂きます。

具体的なご主人の現在のご実家のローン、ご年収、他のお借入などが不明の為、はっきりとした回答が差し控えさせて頂きますが、可能性はあると思います。

そして、現在の状況の詳細をお伺いした上で、どのような方法であればマイホーム購入が可能であのか、今後のご実家のご返済が無理なく、かつ、ご相談者様のローン返済も無理がない状態で借入できる金額がいくらくらいなのか?
など、複合的に考える必要があると思います。

明確な回答ではなくて申し訳ありませんが、
一度、詳細をお知らせいただければ一緒に考えさせていただきたいと存じます。

有限会社IEコンシェルン
椿谷法子

2017年11月08日


コメントする

山田 里見 ファイナンシャルプランナー
所属:ライフコンサルタント事務所
エリア:

はじめまして、フィナンシャルプランナーの山田です。

早速ですが、ご相談の件について一般的な情報とご理解ください。

・パートでもローンは組めるのか?
→パートの方でも条件はありますが、住宅ローンは可能です
・組めるのならば、年収どれくらいは必要か?
→住宅ローンを組めるか否かを年収で考える場合、基本的に返済負担率を25%を超えないように抑えておくのが一つの目安です
・勤続年数は関係あるのか?
→パートやアルバイトでの勤続年数の制限はありません
・フラット35であれば組めそうですか?
→自己資金比率にもよりますが、フラット35が現実的かと考えられます。フラット35の貸出限度は物件価格の9割までですので、残り1割と諸費用は別途検討が必要です。また、健康保険の加入が必須となります

条件はあるものの決して諦める必要はないと考えます。
借りられる額と買える額、ご主人のご実家の住宅ローンの今後の対応など、詳細をお知らせいただければ、お子様の教育、住宅、結婚、老後を将来を見据えたライフプランをしっかり立て夢の実現のお力になれればと思いますのでもう少し具体的にと思われましたらご連絡お待ちしております。

将来の備え、漠然とした不安を和らげるためにも是非行動してみてください。

フィナンシャルプランナー 山田 里見

2017年11月08日


コメントする

森 泰隆 ファイナンシャルプランナー
所属:トライウッドマネー研究所

はやせいママ様

ご質問ありがとうございます。

わかる範囲でのアドバイスをさせて頂きます。

おっしゃる通り、既にご実家のリフォームでローンを組んでおられるなら融資額が減ってしまうことはありますし、組めないこともあります。

まず、物件価格がいくらなのか?月々の返済額等を合わせて、キャッシュフロー表を作成して判断されることをお勧めします。子供が小さいうちは見えにくいですが、大きくなるにつれて大学の学費等の教育費が負担になります。もしもの時の親の介護のことも考えた時の費用、旦那様の退職金等も含めて収入と支出のバランスを考えて決められた方がいいと思います。

旦那様とのペアローンも検討してみて頂きたいです。

あくまで、ご質問に書かれた範囲内でのお答えですので、解決になっていないかもしれませんが、ご了承ください。

2017年11月08日


コメントする

岩崎 克哉 ファイナンシャルプランナー
所属:Office Iwasaki  

はやせいママさん
はじめまして。横浜のFP事務所 Office Iwasakiと申します。

早速ですが、ご相談の住宅ローンについてお話させていただきます。
まず、住宅ローンが組めるかどうかは、銀行等金融機関の判断になりますが、
一般的には、可能かと思います。
ただし、
奥様が単体で組まれることに対して、金融機関から「なぜご主人様ではなく奥様が組まれるのですか?」と質問されます。
その際には、旦那様の実家建て替え(3年前)時に旦那様が住宅ローンを組んでいることの説明や
ご主人様の住民票は、ご実家に移されているかどうか?も質問されると思います。

このあたりの事情も説明されて、ご家族が住むための「マイホーム」資金を借りれる方法を、金融機関に相談されるのが早い解決策です。
ちなみに、地元の地方銀行や信金さんがいいと思います。

一方違った角度からお話させていただきますと・・・
旦那様の実家の住宅ローンについて返済年数を何年にされているか不明ですので、一般論でお伝えします。

旦那様が住宅ローンを組んでいるので、「団体信用生命」(万が一の時、借入金が保険で返済される仕組む)に加入されているとすると、それは、旦那様に「万が一」のことがあったときに適用されます。
義理親様に万が一のことがあっても、この住宅ローンは返済が必要になります。
それを踏まえますと、奥様が単体で住宅ローン等を借入できたとした場合、万が一義理親様がお亡くなりになった後、住宅ローン2軒分を負担する期間がある可能性があります。
お子様の教育資金がかかる時期にぶつかると負担は大きくなるかと思います。
義理親様の生命保険等で、ご実家の住宅ローンをカバーできる場合は、大丈夫かと思いますが、いかがでしょうか?

以上のことを整理されて、お近くの金融機関にご相談されてみてはいかがでしょう?

また、金融機関は「貸す」ことが目的ですが、借りた後の生活設計が大事です。
実際に、資金を借りる前にはファイナンシャルプランナーを利用して
「ライフプランニングと収支シミュレーション」をして、将来の家計の影響等を確認してから実行されることをお勧めいたします。

ご参考になれば幸いです。

2017年11月09日


コメントする

ベストアンサーに選ばれた回答です!

川野 孝之 ファイナンシャルプランナー
所属:株式会社リライフ
エリア: 岐阜県 大垣市

はじめまして。株式会社リライフの川野と申します。

結論から言いますと、パートの方でも住宅ローンを組むことは可能です。
ただ民間の金融機関は原則不可ですが、フラット35であれば可能です。※一部ネット銀行は可。

はやせいママさん単独で住宅ローンを組まれる場合、現在の年収ですと概算で1200~1300万円ぐらいまでは融資可能です。※ 前記金額は机上の計算ですので、実際の審査で不可になる場合もあります。

愛知県で安い新築建売を想定(物件価格2000万円、諸費用180万円)した場合、
諸費用部分を自己資金、物件価格2000万円をフラット35にて借入の場合、年収は最低240万円以上あれば返済比率上は借り入れが可能です。勤続年数はフラット35の場合、1か月以上の勤務で、給与明細がでれば、申込可能です。
※諸費用まで借入希望の場合は、最低2ヶ月以上の勤務と給与明細が必要になります。(この部分は各フラットの取扱金融機関や窓口によって変わります。前記は当社代理店の日本モーゲージサービスのフラット35の場合です)

ご新居を購入される方法としては下記の3点+その他があります。

1.ご主人様のご年収によりますが、ご実家の住宅ローンの毎月の返済金額を含めて、奥様の収入と合算したご家庭の
  年収が返済比率内であれば、住宅ローンの借入が可能です。またこの場合はお子様の児童手当も住宅ローンの審査
  の収入に含めることができます。

2.奥様が正社員変更や、パートの勤務時間・日数を増やして、年収を240万円以上にして、住宅ローンを組む。
  この場合ですと、年収240万円で想定してフラットの事前審査を行い、事前審査の承認をうけてからのほうが
  よいかと思います。事前審査の場合は収入を証明する書類は必要ありません。ただ事前審査の承認の場合は、
  本審査での承認の可能性は高いですが、100%本審査で承認というわけではありませんのでご注意ください。

3.旦那様のご両親様に何らかの収入(給与や年金収入でも結構です)がある場合、主債務者をご両親、連帯債務者
  を奥様にして収入合算し、親子ローンでフラット35の住宅ローンを組む。団体信用生命保険の加入はご両親様。
  この場合、主債務者になったご両親様、もしくはご主人様に万一のことがあっても、団体信用生命保険がどちら
  かの住宅ローンに適用され、住宅ローンが0になりますので、リスクが分散されます。
  ただ奥様に万一のことがあった場合は、団体信用生命保険の適用を受けられませんので、民間の生命保険で必要
  保障額を計算しカバーしておく必要があります。

(その他)  
  ご実家を売却する前提で媒介契約書を作成し、ご主人様でご新居の住宅ローンをフラット35で組む。
  ※実際には売却できなかったということで売却はしません。
  フラット35の場合、住宅ローンを現在組んでいる場合、売却の前提で媒介契約書があれば、住宅ローンの審査
  の借入対象から除外されます。ご主人様でもご年収によりますが、借入は可能になると思料します。
  ただ(その他)にさせていただいたのは、売却前提でフラット35の申込をしますので、事実と異なる部分も
  でてくるので、私からはあまりおすすめはしません。

以上、またご不明点や質問があればご連絡ください。

2017年11月10日


コメントする





更新情報

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。

2017-10-30
埼玉県鴻巣市のFP、 井上健行政書士事務所の井上先生を掲載しました。

2017-10-30
千葉県市川市のFP、 近藤FP事務所の近藤先生を掲載しました。

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。