ライフプランの相談

住宅を買えるでしょうか?

st(東京都)

解決済み 2017年09月04日
現在、東京都郊外の家賃約9万円(管理費等込み)の賃貸住宅に住んでいますが、事情があって、数年以内に退去しなければならなくなりました。
また、第一子の小学校入学を控えており、第二子も含め、できる限り小学校の途中で転校しなくてもいいように、今後しばらく住み続ける住宅を模索しています。
そこで、
1.別の賃貸住宅に移るか、住宅を購入するか
2.住宅を購入するとして、総予算額はいくらまでとれるのか・とるべきか
等で、迷い・悩みが生じました。

○家族構成
・夫 40歳
現在の年収800万前後(手取り600万弱)。
特定企業との業務委託契約(1年毎に更新:約10年間継続)を結んでいる個人事業主。
・妻 37歳
現在は専業主婦だが、子どもが小~中学生になる頃には何らかの形で働きたい。
・第一子 5歳
・第二子 1歳
○貯金約2000万。平成26年までは年間で150~200万円ほど貯蓄できていたが、平成27年はほぼ0円、平成28年は約100万円にとどまっている。
○現在、民間保険には加入していない。
○教育費
→子2人とも、小学校は公立、中高は私立、大学はできれば国公立…と考えています。
○老後資金
→自営業者のため退職金もなく、国民年金のみ。今後、個人年金等も含め、老後資金を作るための保険等のプランも併せて相談したいと考えています。
○現在は車を所有していませんが、住宅の立地等により今後必要となる可能性があると思っています。

これまで、ネット・書籍で情報を収集しつつ、メインの銀行さん、現在住んでいる賃貸住宅を紹介してくれた不動産仲介業者さん、そして地元のハウスメーカーさんの無料相談に行ったのですが、無料であるためか、抽象的な回答しかいただけませんでした。
そこで、保険系のFPさんと独立系FPさんに有料でも相談する方針を決めたのですが、FPさんに相談するのが初めてなので、まずは様々な方のご意見を伺えるこちらの掲示板に質問・相談を書き込んでみようと考えた次第です。

どうか、よろしくお願い申し上げます。

No.1224

質問者からのメッセージ

2017.09.13

ありがとうございました!

回答 5件

岩崎 克哉 ファイナンシャルプランナー
所属:Office Iwasaki  

st様

はじめまして。FP事務所 Office Iwasaki と申します。よろしくお願いいたします。

st様の現状を「夢・希望・心配事」に整理させていただきますと

【関心事(迷い・悩み)】
現在の賃貸住宅を数年以内に退去する必要があるため、住宅購入か別の賃貸に移るかで迷っている

【夢・希望】
・お子様が小学校のうちは転校させたくない
・お子様の教育プランは、子2人とも、小学校は公立、中高は私立、大学はできれば国公立にと考えている

【心配ごと】
・自営業者のため退職金がないため、老後の準備に関して情報が欲しい
・車は所有していないが、今後住む立地次第では、必要性が生じる可能性がある

という内容かと思料いたします。

まずは、上記を踏まえて「ライフプラン」を作成されることをオススメいたします。
st様ご家族のライフプランを支える「マネープラン」(貯蓄や保険等)が必要となります。
現在から将来に向けての家計の収支シミュレーションをやられて、今後10年間、20年間を大まかに把握されるところから解決の糸口を探ってはいかがでしょうか。


2017年09月04日


いち早くご回答いただき、ありがとうございます。
ライフプランについては、日本FP協会のHPからダウンロードできる資料(https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/)を使ってザックリ作ってみたのですが、それをもとにどのように考えていけばいいのかがよく分かりません…

2017年09月04日


st様
お返事ありがとうございました。
FP協会の「便利ツールで家計をチェック」で現状を把握されたのですね。素晴らしいです。

その後、ご一緒に考える場合は、「キャッシュフロー表」作成した上で

第1STEP
【住宅購入版】
①住宅購入できる予算を算出します。(予算の出し方は、返済額と年数から逆算するケースが多いです)
②住宅購入後の「キャッシュフロー表」を作成し、今後の家計の収支を確認します。

【賃貸住宅版】
①現状家賃、数年後の想定家賃をもとに「キャッシュフロー表」を作成します。
②賃貸の場合、「キャッシュフロー表」をもとに、何歳まで「賃貸」に住むか?をご一緒に考え、家計収支を確認します。

上記2通りのst様の将来の家計の状況(毎年の収支、金融資産の増減、老後準備金等)を比べて、選択を検討します。

第2STEP
リスクヘッジとして「保険」に関して検討します。
①上記の「キャッシュフロー表」は「収入」が確保されている場合です。
考えたくはないのですが「万が一の場合」などで収入が確保できなくなった場合でも、ライフプランが実現できるように備える「お金」が「保険」です。st様にとって必要な保障額を算出し、保険についての情報提供をいたします。

第3STEP
資産運用についての方法論となります。目的に合わせて短期、中期、長期と分類し、st様の「お金観」(リスク許容度)に応じて運用商品等の情報提供をいたします。

大きな流れととしては、このように考えながら進めさせていただき、実行支援させていただきます。

よろしければご利用ください。

2017年09月04日


考え方を教えていただき、ありがとうございます。
検討させていただきます。

2017年09月04日


コメントする

ベストアンサーに選ばれた回答です!

森本  直人 ファイナンシャルプランナー
所属:(株)森本FP事務所

st様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

賃貸と購入のどちらが良いかは、個別の状況やお考え、
希望するライフスタイルなどにもよります。

ここでは、ごく一般的な考え方を書かせていただきます。

まず、購入する場合に、高額の住宅ローンを組まなければならない
など、目先に見える課題は当然意識されると思います。

気付きにくいのは、住宅購入後かもしれません。

実際に住んだ後は、住宅の維持管理費用、固定資産税などの負担や
町内会やマンションの管理組合等、コミュニティに対する責任なども生じます。

一方で、賃貸は気楽です。
状況が変化すれば、引越しも比較的簡単です。

また住宅購入の頭金に相当する額が、金融資産として手元に残るため、
日々の生活にも余裕のある方が多い気がします。

ただし、賃貸の場合は、老後生活に入っても、家賃を払い続ける必要があり、
そこが大きなデメリットです。(相続する住宅などもない場合)

個人的には、FPとして、賃貸と購入のどちらのプランもサポートしています。

購入にご興味のある方には、購入後の負担や責任についても十分に理解して
もらった上で、購入プランの作成をお手伝いしています。

そのまま賃貸で過ごすことを選択された方には、その分、金融資産を多めに
確保することをご提案しています。

いずれも具体的なシミュレーションを実施して、数値の目安をご提示できます。

また、シミュレーションの結果、将来必要となる資金が不足しそうな場合は、
長期の視点による資産運用をご案内することもあります。

短期での金融取引は、賭け事の要素が強くなってしまいますが、
長期の視点では、投資理論や経験則からはリスクを大幅に下げられる方法がある
と考えられています。

もちろん、金融資産運用には、価格変動リスクなどを伴いますが、
住宅もリアルタイムで見られないだけで、価格が変動することは同じです。

住宅購入の場合は、震災リスクへの備え(地震保険や予備資金等による)も必須です。

今回、FP相談にあたり、FPごとのアドバイス方針、事例などを、
予め確認するのはよい考えです。

この掲示板を利用する他、お試しで「初回相談」を申込んでみるのもよいと思います。

2017年09月04日


下記2点が特に参考になりました。ありがとうございます。

>ただし、賃貸の場合は、老後生活に入っても、家賃を払い続ける必要があり、そこが大きなデメリットです。(相続する住宅などもない場合)
→私の両親が現在居住する一戸建て住宅については、今後何もトラブルがなければ相続する可能性が高いので、それも大きな考慮要素なのだと再認識しました。
ただ、両親からの相続が必須なライフプランを立ててしまうと、両親に依存する関係になってしまいかねないことから、もし可能ならば、相続ゼロを前提としたライフプランを立てたいです。

>そのまま賃貸で過ごすことを選択された方には、その分、金融資産を多めに確保することをご提案しています。
→まず①住宅購入か賃貸かを決めてから、②老後資金をどこまで確保すべきかを決めるという考え方、なるほどと思いました。
①と②は相互に関連してくるので、その優先順位というか、考える順序を整理できていなかったので。

2017年09月04日


コメントする

山脇 喜宏 ファイナンシャルプランナー
所属:有限会社 山脇保険プランニング
エリア: 長崎県 長崎市

stさま
ご質問ありがとうございます。長崎の保険のFPと思っていただいて・・(笑)山脇喜宏と申します。
貯蓄がすごくできていて素晴らしいです
お子様の保育料等が終了してからが貯蓄するスピードが加速したり
奥様の働き方など次第では老後資金も心配なく作れると思います。
手元にキャッシュがございますので家は建てれますが、あまり大きなローンを抱えこむと
危険と不安で押しつぶされちゃいそうになったり、ワクワクで乗り越えそうだったりと考えかた次第になります。
個人年金も考えかたも時代に変化対応できる、保障もとれる、変額保険がまさに不安解消には役立つと思いますし
ドルコスト平均法積立という考え方での資産形成をたくさんの方に話を聞いてみてください。
考える際に(VS)といワードで 保険VS保険  賃貸 VS 持ち家 VS マンション
東京都の郊外にお住まいとのことで高齢化で将来がどうなっていくのかなども・・・
今VS未来 と比較されると 解決のキーワードになるかもしれません。(^^)
素敵なFPさんとの出会いになりますように心よりお祈り申し上げます

2017年09月05日


下記4点が特に参考になりました。ありがとうございます。

>お子様の保育料等が終了してからが貯蓄するスピードが加速したり
奥様の働き方など次第では老後資金も心配なく作れると思います。
→そうなるといいのですが…急に貯蓄スピードが遅くなったので、不安になってしまいました。

>手元にキャッシュがございますので家は建てれますが、あまり大きなローンを抱えこむと
危険と不安で押しつぶされちゃいそうになったり、ワクワクで乗り越えそうだったりと考えかた次第になります。
→今のところは、「危険と不安で押しつぶされちゃいそうに」なることを懸念しています。実際にどのような心理状態になるかは、やってみないと分からない気もしますが。

>ドルコスト平均法積立という考え方での資産形成をたくさんの方に話を聞いてみてください。
→最初にメインの銀行さんに相談に伺ったときに、これを用いた個人年金商品を勧められ、割と興味を持っています。「たくさんの方に話を聞いて」みたいです。

>東京都の郊外にお住まいとのことで高齢化で将来がどうなっていくのかなども・・・
→年老いて車の運転ができるか、マンションを買った場合に廃墟化しないか等も不安です…

2017年09月05日


コメントする

平井 美穂 ファイナンシャルプランナー
所属:平井FP事務所

st様
はじめまして、東京の独立系FP、平井美穂と申します。
お問い合わせいただき誠に有難うございます。
貯蓄がしっかりできていて素晴らしいですね!
ご質問の件ですが、
「賃貸でいくべきか、購入するべきか」
「購入する場合、予算はどくれくらいにするべきか」といったお悩みを解決するには
キャッシュフロー表を作成してみるのが一番です。
今後、ご希望のライフプランを実現する場合、
生活費の他にローン返済や住居維持費・教育費がどれくれいかかるか、
年金がどれくらい支給され、現役時代に老後資金をいくら貯蓄していくべきか、
こういった一生涯の家計収支の推移、
貯蓄残高やローン残高の推移を具体的な数値で一覧表にしたものがキャッシュフロー表です。

FPでも得意分野がそれぞれありますが
当事務所はキャッシュフロー表の提案・家計診断を重視しながら
住宅購入や住宅ローンのアドバイスを専門とする独立系FP事務所です。
これまで5000件のお客様の相談にのらせていただき、
数多くのご家庭の家計診断をさせていただきましたが
根本的な問題解決となるキャッシュフロー表の提案は非常に高い評価をいただいております。

企業に属していた時には、不動産営業および金融機関で融資業務をしていましたので
不動産や住宅ローンのアドバイスも総合的にさせていただいております。
また、私自身子育て中であり、東京の地域独特な教育事情についてもアドバイスができるかと思います。

よろしければ、一度ご相談にお越しください。


2017年09月06日


とりあえず、日本FP協会HPからダウンロードできる資料(https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/)を使って、キャッシュフロー表も含めて作成してみたのですが、これをもとにどのように考えていけばいいのかがよく分かりません。

>また、私自身子育て中であり、東京の地域独特な教育事情についてもアドバイスができるかと思います。
→住宅を購入するならば、どの地域にするかを考える際に、教育事情は重視したい要素なので、興味を持ちました。

2017年09月06日


コメントする

小野 輝彦 ファイナンシャルプランナー
所属:株式会社日野FP事務所
エリア: 東京都 青梅市

はじめまして、日野FP事務所の小野と申します。
まずはライフプランの作成をおすすめします。現状の収入を支出を把握して、将来どうなるのか?視覚化します。将来の教育資金がどうなるのか?また適正な住宅の購入予算はいくらなのか?または買わないのほうがいいのかがわかります。ご相談の流れとしましてはメールアドレスにヒアリングシートをお送りしますので、それにご記入いただきます。ここまでは無料です。そしてこれを元に私のほうでシュミレーションしたレポートを作成します。老後の生活費がどうなっているのか?また改善方法をお伝えします。こちらは有料で税込5400円になります。よろしくお願いします。

2017年09月12日


ご回答ありがとうございます。
検討させていただきます。

2017年09月12日


コメントする





更新情報

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。

2017-10-30
埼玉県鴻巣市のFP、 井上健行政書士事務所の井上先生を掲載しました。

2017-10-30
千葉県市川市のFP、 近藤FP事務所の近藤先生を掲載しました。

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。