ライフプランの相談

この状況で子供を1人持つことは可能でしょうか?

tn(大阪府)

解決済み 2018年06月05日
【夫】41歳 会社員 年収600万 60歳で定年
【妻】30歳 扶養内パート 年収100万
【住宅】3000万の35年固定金利をフルローンで組み、まもなく家が完成。ボーナス払い無し月々9万の返済。
【車】新車で一括購入して5年目の普通車1台あり。

貯蓄は300万ほどです。
子供1人を考えているのですが、かなり厳しい経済状況になるでしょうか?

No.1273

質問者からのメッセージ

2018.06.20

ご返答ありがとうございました。 保険や家計の見直しをしつつ、前向きに頑張ってみたいと思います。

回答 2件

ベストアンサーに選ばれた回答です!

森本  直人 ファイナンシャルプランナー
所属:(株)森本FP事務所

tn様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

この状況で子供を1人持つことは可能でしょうか?
については、もちろん可能です。

ただし、その分のお金を用意する必要があるので、
将来のお金の流れを具体的にシミュレーションし、
足りるのか足りないのか、足りなければどのような対策が必要か
をこの機会に考えてみる必要があると思います。

シミュレーションは、
例えば、退職金の有無、ご両親からの経済的支援の有無など、
ご家庭ごとの前提条件で変化します。

対策については、
例えば、定年後も何か仕事を見つけて働くことを目指す、
そのために、今から手に職をつけることを考える
奥さんのパート収入を増やす、
あるいは、フルタイムで働くことを考える
家計の見直しをする、優先順位を決めて節約をする、
長期の視点で積立投資に取り組む、などなど
答えはひとつではありません。

人から言われてやるよりも、ご自身で良いと思う方法を選んで
取り組むのがよいと思います。

また数字を見て、できると思うか、思わないか、
最終的にどうするかは、ご夫婦で決めてもらうしかありません。

ちなみにFPがお手伝いできるのは、上記のようなシミュレーションと
主には金融上の対策です。

例えば、適切な保障を確保した上での生命保険料の削減、
住宅ローンの借換え提案、節税まで考えた積立投資の方法などです。

ご参考になれば幸いです。

2018年06月07日


ご返答ありがとうございます。
とても参考になります。
退職金は有り、今のところ1000万ほど出る予定となっております。
主人の年収は750万が最終上限だと思います。
子どもが産まれればすぐに保育園に預けて、私は扶養内パートをするつもりです。
しかし両家からの経済的援助はありません。
また現在の300万という貯金はマイホームへの引っ越し費用等に充てるつもりでしたので、貯金はほぼ無いに等しいです。
改めて夫婦で話してみようと思います。

2018年06月07日


1000万の退職金はアドバンテージですね。
このままいくと、定年後も住宅ローンが残る点が気になっていましたが、
退職金を繰上げ返済に充てるといったシナリオもイメージできます。

具体的な数字を見ながら一度ご夫婦で話合ってみることをおすすめします。

2018年06月07日


コメントする

丹沢 智美 ファイナンシャルプランナー
所属:有限会社 HarmonyConsulting
エリア: 東京都 青梅市

tnさん
はじめまして。
現在の状況でお子様を一人お考えとのことですが、
一般的にtnさんと同じ年収でもお子さんを2人、3人と育てている方は世の中に沢山いらっしゃいます。

年収300万でも立派にお子さんを育てている方も沢山いらっしゃいます。

ファイナンシャルプランを立てて計画的な生活を送ることも、ある意味大切ではありますが、
それに縛られて、お子さんを欲しいと思っているのに諦めるということは、しなくてもよろしいのではないいかな~と思います。

私ごとになりますが、30歳で息子を出産し、そのあと、夫婦共働きで、もう少し経済的にゆとりができたら二人目を・・・なんて考えていたのですが、いざ、二人目が欲しいと思った時は、
もう年齢的に遅く、結局、二人目はできなかったんです。
女性の出産適齢期と言うのもありますし、もう少し早く生んでおけば良かったなと思いました。

お金は頑張ってあとで稼ぐことはできますが、子供はあとで買ってくることはできないので、
もし、ご夫婦でお子さんがほしいとお考えなのであれば、現在の年収でしたら、十分何とかなると思います。
ちなみに、私のお客様で、ご主人の年収300万、奥様のパート100万、住宅ローンもある中、二人のお子様を中学から私立に入れられた方もいました。
なんとかなるものだと思います。

ただ、あくまでも、私の個人的見解です。
tnさんの年収、貯蓄状況を聞いたうえで、子供を持つのは経済的に厳しいですねとアドバイスされるFPの方も、いるかもしれませんが
あくまでも、ご参考までに・・・・という事で、お話させていただきました。

2018年06月17日


ご返答ありがとうございます。
主人の年齢も高くローン返済が始まるので、さらに子供となると、とても不安でしたが、確かに子供は後で買ってくることは出来ませんね。
他の家庭でも育てていると聞いて少し安心しました。諦めずに考えていこうと思います。

2018年06月17日


tnさん
そうでしたか。
少しでも参考になったなら
良かったです。

私は現在50代で、息子も成人しましたので、
沢山の
ご家庭を今まで見てきていますが、
皆さん
お子さんの為なら…
と必死で働いて育てていらっしゃいますね。

急にご主人がリストラされたり、
また、離婚や死別などで
母子家庭の方も沢山いらっしゃいます。
子を思う親心さえあるば、なんとかなるものだなーと思います。
そうは言っても、tnさんのご心配なお気持ちもわかります。
今のtnさんの状況であれば、お子さんを育てて行ける経済状況は保てるのではないかと思うますよ。
頑張ってくださいね。

2018年06月17日


コメントする





更新情報

2018-10-19
群馬県高崎市のFP、 群馬FP事務所の松田先生を掲載しました。

2018-10-05
香川県高松市のFP、 株式会社S・H・Cの大熊先生を掲載しました。

2018-09-14
沖縄県那覇市のFP、 あいエフピーの大浜先生を掲載しました。

2018-08-30
三重県四日市市のFP、 アイティーオー株式会社の伊藤 先生を掲載しました。

2018-08-12
石川県金沢市のFP、 北島未来経営研究所の北島先生を掲載しました。

2018-07-30
広島県広島市のFP、 be the light株式会社の岩元先生を掲載しました。

2018-07-28
東京都新宿区のFP、 株式会社FPバンク 新宿officeの冨永先生を掲載しました。

2018-07-25
埼玉県熊谷市のFP、 株式会社スプラウトの細田先生を掲載しました。