ライフプランの相談

結婚を機に退職、今後の手続きにおいて

退会済み(青森県)

解決済み 2017年05月07日

今年8月末に結婚を機に退職予定です。
社会保険面、税金面について質問をさせて下さい。

私:手取り月18万円ほど
退職後は、翌年1月よりパートにて働く予定です。
彼と同居し始めるのは、退職後となります。


・健康保険の手続き上、入籍は、退職前と後、どちらの段階で行う方がスムーズでしょうか。

・やはり、確定申告の手続きは、自身で行う必要がありますか?

・また現時点で、ふるさと納税を利用した場合、節税効果は期待できますか?


自分自身で色々と調べては見たのですが、色々な情報があり困惑しております。どうかお知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

No.1202

回答 1件

中辻 博文 ファイナンシャルプランナー
所属:阪神ファイナンシャルプランナーズ事務所
エリア: 兵庫県 神戸市

回答致します。まず社会保険の手続きは期限内に行って下さい。雇用保険に加入されておられたと思いますが、まずハローワークで雇用保険給付の手続きをしてください。待機期間はありますが、翌年の再就職まで、雇用給付を受けれます。次に健康保険は彼の扶養で、彼の勤務先健康保険に加入するか、市町村の国民健康保険に加入するか、前の勤務先で任意継続の健康保険に加入するか、いずれかになります。退職前に入籍して、彼の配偶者になるのが、ベストだと思います。国民年金は自動的に第3号被保険者になりますので、掛金は不要です。ふるさと納税は、節税効果はありますが、彼に勧めて下さい。年末調整でも、受けれる方法があります。後、配偶者特別控除等のメリットがあります。退職後の確定申告は必ず、行って下さい。年末調整してないので、所得税の還付が受けれる可能性が高いです。最寄りの税務署で相談して見て下さい。丁寧に教えて戴けますよ。是非参考にしてください。よろしくお願いします。

2017年05月07日


丁寧な回答をしていただきまして、ありがとうございます。

彼の会社の自社健保について、調べたのですが、年間130万円以上稼いでいる場合は、彼の扶養になれず、また、雇用保険を受ける場合もまた、被扶養者とならないとのことでした。

と言うことは、私は今年、すでに130万以上の稼ぎがある為、彼の扶養には入れないと言うことになり、国保に入るか、任意継続をするかどちらかをしなければならないと言うことでよろしいでしょうか。

また来年1月にパートとして働くつもりですが、もし就労できなかった場合、雇用保険の給付を引き続き受ける事となります。この場合、雇用保険の給付が終了した、2月より、彼の被扶養者となる事は可能なのでしょうか。

パートとして働くつもりですが、扶養の範囲内で働こうと考えています。

2017年05月07日


年収が130万円を超えていても、所得計算は給与所得控除65万円、基礎控除38万円、その他の所得控除を差し引いて計算します。年末調整できないので、必ず確定申告して下さい。来年2月に税務署で扶養の件も含めて、相談して下さい。雇用給付は非課税なので、所得計算には、入りません。詳しくは専門機関で確認願います。よろしくお願いします。

2017年05月07日


社会保険保険の被扶養者は、その通り、年収130万円で尚且つ被保険者の年収の半分以下ですね。すいませんでした。来年確定申告しますと、所得税、住民税が確定しますので、被扶養者の手続きができるか婚約者の彼の勤務先に確認して下さい。よろしくお願いします。

2017年05月07日


丁寧な回答をいただきまして、
ありがとうございました。
また、税務署や健保に確認して見ます。

2017年05月07日


コメントする





更新情報

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。

2017-10-30
埼玉県鴻巣市のFP、 井上健行政書士事務所の井上先生を掲載しました。

2017-10-30
千葉県市川市のFP、 近藤FP事務所の近藤先生を掲載しました。

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。