要再検査の場合の告知に関して

スロス(東京都)

解決済み 2016年06月20日
はじめまして。

現在、新築戸建を検討しており大手金融機関で住宅ローンの手続きを進めています。
それにあたり健康事項の告知があると思いますが、定期的に検診している眼科にて
先日緑内障の疑いという診断をされ、3ヶ月後に再検査となりました。ちなみに
セカンドオピニオンでも疑いを指摘されたため、可能性は高いと思われます。
(ただし、そうであっとも初期段階とのこと。)
この場合、疑いありという事を告知事項として報告をするべきでしょうか。

私としては疑い状態=未告知でいいのではと思っていたため確定診断を後回しにしていましたが、
金融機関の担当には白黒つけた方が、保険会社としても判断し易い(初期状態なら通り易い)
といわれていますが、早く確定診断をした方が宜しいのでしょうか。

No.1151

回答 4件

關 雅也 ファイナンシャルプランナー
所属:有限会社 新世紀
エリア: 東京都 町田市

確定した方が良いのは確かです。

それは、団体信用生命保険に加入できる、できないの問題以前に、あなたのためにです。
告知は聞かれたことを正しく告知すればいいので、要観察と言われているのであれば、その通りに告知してください。

診断が確定した場合は、治療しましょう。
検査は治療ではありません。
確定診断を受けていないので、告知義務はありません。

但し、「指摘を受けたことがある」ことまで告知を求められていれば、要観察と告知する必要があります。

2016.06.21


+ 全文を見る

中辻 博文 ファイナンシャルプランナー
所属:ファイナンシャルアライアンス㈱神戸支店
エリア: 兵庫県 神戸市

団体信用生命も生命保険契約ですので、保険金支払い時点で告知義務違反に問われる恐れが有ります。正しい告知をして契約をした方が安心です。住宅ローンに付帯する団体信用生命は借入金相当をローン年数に応じて保障する保険ですので、多少個人で加入する生命保険より、契約審査は緩いと思います。銀行のローン担当者に確認して下さい。現在生命保険会社も
金融庁の監督が厳しいので、厳格に対応します。是非正しい告知をお勧めします。参考にして下さい。
該当します。9月か10月に再検査ありと告知して下さい。以上です。

2016.06.21


+ 全文を見る

前田 創 ファイナンシャルプランナー
所属:株式会社エフケイ

眼科に定期的に通院している時点で、告知の対象になると思われます。

ありまのままを正しく告知されることをおススメします。

+ 全文を見る

京極 佐和野 ファイナンシャルプランナー
所属:FPオフィス・ミラボ

スロス様 はじめまして、よろしくお願いいたします。

住宅ローンの手続き上、急がれるのでしょうか?

定期的な検診を眼科で受けられているとは、視力の問題でしょうか?

検診だけならおそらく問題ないでしょうが、目薬等処方されていれば、告知する必要があります。目薬は、大体1週間ぐらいの投薬に値すると思われるからです。さらに、治療に該当する場合があるので、何らかの症状病名があるかもしれません。

また、今回緑内障の疑いと言われ再検査の必要があるということでしたら、再検査の結果が出ないと保険会社は引き受けないと思います。なぜなら、死亡保障の保険には、高度障害保障も付いているので、目が失明とかになると高度障害保険金として、保険金を支払わなくてはならいないので、特に眼科関係は、厳しい査定が予想できます。

すでに、緑内障については調べられていると思いますが、住宅ローンの団信の保険ということですから、 治療して完治できれば普通に加入できます。再検査の上、治療が必要となった場合でも、告知書を書かれたら、保険料は高めになるかもしれませんが、受けてくれる可能性はあると思います。
スロス様の今後の生活にも支障をきたすかもしれないことなので、早急に再検査を受けられた方が、ご自身のためにもよろしいかと思います。

念の為、告知せずに保険に加入した場合ですが、皆さんにお話しする私の体験です。盲腸で救急診療を受けた時、何か治療をされていますか?と聞かれ、まず、関係ないとは思ったけど、花粉症のアレグロを飲んでいるとか、咄嗟にでてきます。薬の相性とかあると思うので、薬や治療をかくしたことが原因で死にたくないからです。そしてそのことは、すべてカルテに書かれますので、万一亡くなった時に保険会社にばれてしまいます。

巷では、2年間過ぎれば大丈夫なんて思っていらっしゃる方がおいでなんですが・・・・・。いつ交通事故に合うかもしれませんからですね。

とくに、スロス様の場合、定期的検診が今後も続くようでしたら、いつの段階でも告知義務違反を取られる可能性があります。つまり、保険金が支払われないということもあるということです。

「急がば回れ」早めの再検査をされてください。

+ 全文を見る