FPの回答へコメント

FPの回答

  • 舘野光広(ブレイン・トータル・プランナー)

    埼玉県

    2021.07.28

ちいず様

ご質問ありがとうございます。
埼玉県のFP事務所ブレイン・トータル・プランナーの舘野です。

ご加入されている、保険商品の約款を確認してみないことには、正確な回答とならないことをご了解願います。

一般的な保険金の減額は、減額された部分は解釈したものとみなされ、その時点で解約返頼金がある場合には支払いが行われます(今回は40万円)。
従いまして、90万円が支払い済みになっているわけではなく。そのうちの一部が運用資産として現在計上されているとお考え願います。
つまり、400万円部分の4年間の払い込金は有効ですから、0からの積立という事にはならないでしょう。

更に、主たる保険契約は継続されていますが、現在は減額後の死亡補償が継続されているとお考え願います。
もし、保険料(補償部分)=死亡補償であるとすれば、他のFPが回答されたように、16万円/40万円=0.4(4割)に死亡補償が減額されており、1000万円×0.4=400万円に圧縮されている可能性もあります。

現在の死亡補償や積立残がいくらになっているのかは、運用実績によって変わってきますから、詳細な金額につきましては、ご契約先の保険会社へご確認願います。
+ 全文を見る

返答を書く

回答の内容に質問者から返答を書く事ができます。
お礼や、追加の質問を書きましょう。

質問したときのパスワード[必須]

コメント内容[必須]