エンディングプランの相談

パートの収入について

てんみ(東京都)

解決済み 2017年07月02日
宜しくお願い致します。
現在、103万以内で働いておりますが、今後125万位になりそうです。
103万を越えると、住民税、所得税が掛かるだけでしょうか?
年金などは、主人の職場の家族に組み込まれたままでしょうか?
宜しくお願い致します。

No.1215

回答 1件

村井 一則 ファイナンシャルプランナー
所属:ノーリエ合同会社
エリア: 北海道 札幌市

配偶者(妻)の影響としては住民税と所得税ですが、
厚生年金の対象となると年収が106円を超えによって、
約16万円の社会保険料等の負担が発生する場合もございます。


昨年までは501人以上の企業が対象でしたが、
平成 29 年 4 月1日からは常時 500 人以下の企業等 にも適用拡大され、
以下に該当する法人や個人事業所が新たに厚生年 金保険等の適用対象となりました。

・労使合意に基づき申出をする法人・個人の事業所
・地方公共団体に属する事業所


手元に残る給料は少なくなるので
損した気分ですが。国民基礎年金に加え、厚生年金を受け取ることが
できるようになるので、老後への備えに置き換えるとメリットがあります。


2017年07月02日


ありがとうございます。
夫とは、数年後に離婚する予定です。
夫の年金分与も申請するつもりです。
収入が高いで、そちらの扶養になっていた方がよいでしょうか?
将来を考えると、自分で社会保険料を払っても、働いた方が良いのか迷っています。
宜しくお願い致します。

2017年07月02日


てんみ様

深夜遅くに失礼します。

年金分割については・・・

婚姻期間によって「分割される金額が予想外」
になるケースもございますので、制度上の欠点を
ご理解いただいた上で、分割について考えていただいても
よろしいのかなと思います。

収入が高い方に扶養という考えはありますが、
家族構成・家計収支・今後の人生設計によっては
扶養にこだわる必要がない場合もあります。

職業・年齢・仕事上のスキル・働く意欲によって
私は社会保険料の負担は必要になるでしょう。


てんみ様へのお願い

老後保障は計画的な準備が伴いますので、
財産分与・慰謝料・生命保険手続き・教育費
についても十分に理解してから進めていくことが
ポイントです。

掲示板でお答えできるのは一般的なアドバスですが
お役に立てれば幸いです。





2017年07月02日


コメントする





更新情報

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。

2017-08-26
のFP、 の山田先生を掲載しました。

2017-08-22
長崎県佐世保市のFP、 AFP加藤玲事務所の加藤先生を掲載しました。

2017-08-11
青森県むつ市のFP、 家計のみかたエフピー事務所の赤松先生を掲載しました。

2017-08-08
鳥取県鳥取市のFP、 株式会社 FPブレーンの伊木先生を掲載しました。

2017-07-20
東京都中央区のFP、 FP 公認会計士事務所アートリエールの清川先生を掲載しました。

2017-07-16
神奈川県藤沢市のFP、 まきのFP総合オフィスの牧野先生を掲載しました。