ライフプランの相談

独身です。お金の使い方で悩んでます。

Money-nayami(埼玉県)

解決済み 2017年04月03日
独身33歳会社員です。(女です)
60歳までに最低3,000万(出来れば5,000万)の貯金を目標としているのですが、現在の状況でそれが達成出来るかが不安です。
また最近赤字続きなので、改善点ややるべきことを教えて頂けると幸いです。

職種 事務職
勤務年数 10年
手取り 月平均13~15万
現在の総資産 約1,100万
実家暮らし
ボーナス あり(年2回 約50万×2)
使い道 銀行と投資信託で計40万引落し
残りは貯金

【月々の固定費】
・家に入れているお金50,000円
・医療保険3,545円(終身)
・銀行への定期積立20,000円
・証券会社への投資積立20,000円
・会社の持株会10,000円(給料から天引)
・会社の共済年金10,000円(給料から天引)
・携帯料金 月3,000円前後
・美容院 月4,200円
合計 120,745円

【流動費 2017年の月平均】
・昼食代 5,600円
・その他食費
(会社へ持っていくお水など)4,200円
・お菓子代 3,500円
・衣服代 18,000円
・日用品 3,700円
・交通費 7,000円
・医療費 10,800円
合計 45,800円

合わせて、今年の月平均支出額は
およそ166,600円。
毎月1~3万円のオーバーです。

去年までは流動費がこの60%程度に抑えられていました。
しかし残業禁止により手取り額が下がるにつれ、逆にスイッチが入ったみたいにヤケクソになってしまいました。
また、もともとストレスが溜まりやすく、疲れたり嫌なことがあると、すぐヤケ食いや衝動買いに走ってしまいます。
仕事で人手不足故に常にストレスが溜まっててなかなか解消出来ません。

更に私は結婚願望と子供が欲しいという気持ちが全くなく、将来は自分で自分を養う必要があります。
また、両親の介護費用のことも考えると、どうしても3,000万以上は必要だと考えています。
私は両親を見て自宅介護とダブル介護(親2人)の過酷さを知っているので、出来れば老人ホームで2人を見てほしいと考えています。
きょうだいはいますが家庭があるのであてにしていません。
それに実家暮らしでもその家を引き継げるかは分かりません。

No.1194

回答 5件

阿久津 和宏 ファイナンシャルプランナー
所属:あくつFP事務所
エリア: 埼玉県 熊谷市

Money-nayamiさん
はじめまして、
埼玉県のファイナンシャルプランナーの阿久津和宏です。

色々不安はつきませんよね。
お悩みのことは、
・将来の目標貯蓄額に到達できるか?
・収入が減って収支が赤字になっていること
・改善するためにするべきことが何か?

ということでしょうか?

一つ一つ確認してトータルでどうなっていくのか?
何をしていったらいいのか?を確認した方がいいですよね。

今、わかっている範囲でアドバイスできる点をお話したいと思います。

①60歳までに3000万円
月6万円を確実に貯蓄している状況ですね、素晴らしいですね。
将来のためにも預金や投資信託等以外にも
情報収集はしておくとよいかと思います。
が、『奇をてらった投資情報は不要です。』
よろしければご相談いただければと思います。

②支出について
家に入れているお金50,000円。コレも素晴らしいですね!
また、
見た感じそれほど支出を削減できる部分が見当たりません。
(だから相談されているのだと思いますが・・・)

かなり堅実にお金を使われる方だと思いました。

ヤケ食いや衝動買いもあるんですね。
たまには息抜きが必要なので、
あまり気にしなくてもいいと個人的には思います。

同じ買うにしても、同じ商品で倍の値段の開きがあることは
インターネット上ではザラにありますので、
いろんな比較サイト等ありますので見てみたら色々発見があって、面白いんじゃないかなと、
個人的には思います。

例)google chrome(ブラウザの種類)の拡張機能にあります、
Shoptimateなどは便利です。
URLはこちらです→https://goo.gl/xoVdLi
(Google chromeはこちら→https://goo.gl/OyOKNn)

ほんの気休め程度かもしれませんが、

支出の削減策は2-3万円でしたら、
・各固定費用の見直し
・貯蓄額の見直し(毎月の貯蓄額を減らさずに同じ結果を出す安心安全な方法)
・給与手取りを増やす方法
でほぼ解決することが出来ますので、安心して大丈夫だと思います。
情報さえ取れれば、ほぼ解決します。

③不安をなくすためにやるべきこと
まず最初に、年間のトータルの給与と支出を上に書き出してみると良いです。
中身はとりあえず抜きにして。

そこから、削減できる支出はないか?貯蓄の占める割合が高いので(いいことですよ)
その貯蓄のまま継続したらどれくらい60才時点でお金が貯まるのか?

それとも仮に、年利2~3%くらいで貯蓄したらどれくらいのお金が貯まるのか?
などなど、
試算してみると色々見えてくる部分も多いかと思います。

長くなってしまいまして、失礼しました。
文字ではわかりづらい部分も多かったかもしれませんが、
一度ご相談いただけると色々解決するかもしれません。

また、実家ぐらしを引き継げるかわからないと言った将来の悩みに関しても、
そのような方は多く、さまざまなパターンが存在しますので、
ご自身になった方法を選ぶための選択肢を持つことはできるかと思います。

メール相談は永久に無料です。
お気軽にご連絡ください。

2017年04月04日


コメントする

吉野  裕一 ファイナンシャルプランナー
所属:FP事務所 MoneySmith

はじめまして、Money-nayamiさん。

広島のFP事務所MoneySmithの吉野と申します。



既に資産運用をされていますが、現在の運用利回りはどれくらいでしょうか。

期待できる利回りは5%くらいを想定して積立をされれば、30年で1600万円くらいは準備できます。

定期預金が0%でも720万円貯まりますので、今後30年で2300万強。

現在の資産が1100万円ですので、現在のままでいけば3000万円は準備できますね。


また定期預金を1万円にして投資信託を3万円にされても良いのではないかと思います。


今後のライフプランに対して、将来キャッシュフローをシミュレーションされてみると、どれくらいの資産が準備できるか数字で把握できると思います。

頭の中で思い描くのと目で見えるのではイメージも違いますし、不安な部分も見えたり、不安に思っていた事がそんなに不安ではなかったりすることがあります。


2017年04月04日


コメントする

斎藤 和孝 ファイナンシャルプランナー
所属:株式会社ベリーライフコンサルタント

こんにちは!

ご自身の月々の収支について、しっかりと把握されておりますね。
とても素晴らしいことだと思います。

たいへん難しい時代になっていて、普通に仕事をして老後を年金で、というわけにはどうやらいかない感じがしています。
まだ30代前半とお若いので、運用についてお勉強されてはいかがでしょうか?
現在の超低金利では、貯金だけで目標の金額に到達するのは極めて困難です。

だからと言って、やみくもな投資はけがのもとになります。
長期的な視野に立って、時間を武器にこつこつと投資をしていけば、貯金よりは目標に近づけるはずです。

よろしければ、そのお手伝いをさせていただきます。

2017年04月04日


コメントする

森 泰隆 ファイナンシャルプランナー
所属:トライウッドマネー研究所

Money-nayami様

ご質問ありがとうございます。

貯蓄が3000万円目標とのことですが、会社の持ち株と共済年金も合わせて3000万円ということでしょうか?

両親の介護費用は、一概に3000万円かかるというわけではなく、ご両親の年金や貯蓄・財産もトータルで合算して、収支を計算してみればいいと思います。

一人で生きられるのなら、自分のために好きにお金を使うこともいいと思います。

そのために、いくら使えるかをライフプランを組んでみてもらえればわかりやすいと思います。

2017年04月04日


コメントする

野上 佳男 ファイナンシャルプランナー
所属:株式会社Y'S Happiness
エリア: 東京都 港区

Money-nayami 様

はじめまして。
私、(株)Y'SHappiness 野上と申します。

質問の掲示板を拝見し、すでに複数の先生方がアドバイスされていらっしゃいますが、
もしよろしければご確認ください。

将来は自分で自分を養うことやご両親の介護等を考えていらっしゃるとのことで、
しっかり管理されているように伺えます。とてもしっかりされていらっしゃる印象を受けます。
その一方で、そのことがかえってストレスを溜めてしまうこともあるかと思います。

私としては、寄り添っていっしょに考えられるFPの存在と各論のアドバイスが必要ではないかと
考えます。
少し費用やお時間をいただくことになると思いますが、いままで整理されていらっしゃる資料など
を基に、信用できそうなFPに個別に相談されていかがでしょうか?
ネット上でのアドバイスでは、限界があるように感じましたので、本来ご希望されている回答になって
いないかもしれませんが、ご検討されてはいかがでしょうか。

それでは失礼いたします。


2017年04月10日


2017年04月10日


コメントする





更新情報

2017-12-06
愛知県江南市のFP、 フジミFPオフィス株式会社の藤井先生を掲載しました。

2017-11-20
東京都板橋区のFP、 はなFP事務所の松本先生を掲載しました。

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。

2017-10-30
埼玉県鴻巣市のFP、 井上健行政書士事務所の井上先生を掲載しました。

2017-10-30
千葉県市川市のFP、 近藤FP事務所の近藤先生を掲載しました。

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。