【住宅金融支援機構から住宅金融支援機構に借り換えができる?】

2018.01.29

個人事業主・会社経営者の住宅ローン相談を行っているファイナンシャルプランナーの真崎です。

宅金融支援機構のフラット35という住宅ローンは、審査基準が民間金融機関と異なる部分があります。

ですから経営する会社の状況を見て、銀行の住宅ローンではなく、フラット35で借りている社長は多くいます。

では、現在フラット35を返済中で、借り換えを銀行に申し込んでも上手く行かなかった社長はどうすれば良いでしょうか?

そのような時には、再度フラット35で借り換えを申し込むことがオススメです。

そういったアドバイスをすると
「え!フラット35からフラット35に借り換えができるの?」
と驚かれる社長もいるのですが、フラット35からフラット35に借り換えることは全く問題なく
可能です。

銀行の住宅ローンを借り換える場合、例えばA銀行で住宅ローンを借りていれば、A銀行ではなく別の
B銀行に申し込むことが一般的です。

ですから、借り換えは同一銀行ではできないというイメージがあるのだと思いますが、住宅金融支援機構で返済中の方が、借り換え時に再度住宅金融支援機構に申し込んでも、審査が通れば問題なく借り換える事ができます。

もちろん、審査が通らなかったからと言って、現在借りている住宅ローンの条件変更を求められることもありません。

フラット35は10年ぐらい前には3%前後の金利水準でした。
現在フラット35で借りており、民間金融機関で借り換え審査が上手く行かなかった社長は、フラット35での借り換えを検討してみる価値はあります。


可


 


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
  社長の住宅ローン相談所


個人事業主、会社経営者で住宅ローン審査にお困りの方はご相談ください。

「個人事業主」「経営する会社が赤字の社長」「銀行に住宅ローンを断られた経営者」
の個別無料相談会を随時開催しています。

数多くの成功実績を持つ住宅ローン専門のファイナンシャルプランナーが社長の悩みを解決します!!
まずはお気軽に初回無料相談を活用ください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(53)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(24)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(56)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-05-07
福岡県久留米市のFP、 FPmamaの新田先生を掲載しました。

2018-04-23
東京都大田区のFP、 みらいライフFP事務所の石黒先生を掲載しました。

2018-04-19
東京都多摩市のFP、 FP事務所クライムアップの安井先生を掲載しました。

2018-04-14
埼玉県川口市のFP、 住宅ローンのミカタ株式会社の古川先生を掲載しました。

2018-04-11
滋賀県米原市のFP、 アセットアプレイザルの綿﨑先生を掲載しました。

2018-03-12
栃木県宇都宮市のFP、 Original Life Designの佐藤先生を掲載しました。

2018-02-28
大阪府大阪市のFP、 TOTAL SOLUTIONの永岡先生を掲載しました。

2018-02-28
広島県広島市のFP、 有限会社フォートレス 広島の眞野先生を掲載しました。