【電気自動車で災害時のリスクヘッジを行う】

2017.10.19

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

某自動車メーカーから発売された電気自動車の販売が好調のようです。
外出先での充電スポットも増え、航続距離も伸びていることから、年々電気自動車を検討するご家庭が増えています。

そんな電気自動車ですが、車としての機能はもちろん、イザという時には自宅への電気供給源としても活用することができます。

「クルマは移動する手段として使うもの」
そんな常識が、変わりつつあります。

電気自動車は、地震などで停電になってしまった非常時に、車に充電されている電気を自宅に送電して使える仕組みがあります。

電気自動車の駆動用バッテリーの充電が100%の状態で、一般家庭で1日分の電気がまかなえるとの事です。
更に、エンジンでの発電も組み合わせれば、ガソリン満タン時には一般家庭の10日分もの電気をまかなえるそうです。

それだけの電気があれば、非常災害時にも普段どおりの生活を送り、電気が復旧するのを待つことができそうですね。

電気自動車を家庭で充電したり、電気自動車の電気を家庭で使えるようにするためには、電気自動車専用のコンセントが必要です。

電気自動車は、今後ハイブリット車と同じように普及する可能性もあります。
今は電気自動車を保有していなくても、住宅建築の際には将来を見据えて専用のコンセントを設置しておくのも良いかも知れませんね。


カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(39)貯蓄の仕方(3)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(7)その他・時事(50)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。

2017-10-30
埼玉県鴻巣市のFP、 井上健行政書士事務所の井上先生を掲載しました。

2017-10-30
千葉県市川市のFP、 近藤FP事務所の近藤先生を掲載しました。

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。