【火災から家族を守るためのメンテナンス】

2017.04.25

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

平成18年に新築住宅への火災報知機の設置が義務付けられました。
火災報知機も古くなると、部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しなくなることがあります。

火災を感知しない状態で放置しておきますと、万一の時危険ですから日ごろから点検をして、不具合があれば交換しましょう。

まずは動作確認をするため音を聞いてみましょう。
メーカーや製品により異なりますが、ボタンを押すか紐を引いてみて動作確認を行います。

正常に作動していれば、正常な状態であるメッセージ、または火災警報音が鳴ります。
もし音が鳴らないようであれば、「電池切れ」か「機械の故障」です。

火災から家族を守るためには火災報知機も定期的な点検が必要です。

ただ、お手入れや動作確認は高所での作業となります。
転倒や落下などの危険がありますので、安定した足場を確保して作業を行うようにしましょう。


 

カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(42)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(54)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-01-22
広島県広島市のFP、 山本総合法律事務所の山本先生を掲載しました。

2018-01-22
島根県松江市のFP、 かみマネークリニックの上先生を掲載しました。

2018-01-16
神奈川県横浜市のFP、 寿FPコンサルティング株式会社の高橋先生を掲載しました。

2018-01-12
愛知県名古屋市のFP、 つなぐFPオフィスの世良先生を掲載しました。

2017-12-25
岐阜県羽島市のFP、 Prova Orsoの山田先生を掲載しました。

2017-12-06
愛知県江南市のFP、 フジミFPオフィス株式会社の藤井先生を掲載しました。

2017-11-20
東京都板橋区のFP、 はなFP事務所の松本先生を掲載しました。

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。