厚生年金加入

ター(岡山県)

解決済み 2019年10月08日
年収1000万で国民年金に加入していて、役員報酬年収60万で厚生年金加入する場合のメリット・デメリットを教えて下さい。

No.1319

質問者からのメッセージ

2019.10.17

厚生年金に加入するかどうかを迷っていたので大変参考になりました。ありがとうございました!!

回答 2件

小久保 輝司 ファイナンシャルプランナー
所属:幸プランナー
エリア: 福岡県 福岡市

年収1000万がどんな収入なのか、役員報酬をもらう企業がどんな会社なのか詳細が分かりません。

とりあえず一般的な厚生年金加入のメリット・デメリットとしては

メリット  終身で老齢厚生年金がもらえること
      掛金の半分を企業から負担してもらえること

デメリット 掛金を10年掛けないともらえないこと

などになります。
ご返答ありがとうございました。すみません、質問内容が、わかりにくすぎて、会社に入って役員報酬をもらうのか、本人がかかわっている会社に役員報酬分を入れてもらうのかどちらが正解かがわからなかったので、質問させて頂きました。

2019.10.11


+ 全文を見る

阿久津 和宏 ファイナンシャルプランナー
所属:あくつFP事務所
エリア: 埼玉県 熊谷市

はじめまして、あくつFP事務所の阿久津和宏と申します。

ご質問とコメントから察するに・・・というスタンスで恐縮ですが、
お答えさせていただきます。


おそらくですが、「国民健康保険を削減したい」という目的から、のご質問でしょうか?

★フロー
・会社を別に設立(個人事業の一部を切り離して法人化)
・役員報酬を年間60万円(月額5万円)受け取る
・社保に加入する
・国保の保険料はなくなる
・「国保+国民年金の保険料ー社会保険料」の差額が削減できる
・本業は継続。

という流れにおいての質問ですか?
仮にそうであれば、下記の内容がその答えになるかと思います。

メリット
・「国民健康保険料+国民年金保険料」が削減できる
・一部を切り離して法人化したのであれば、個人事業の売上が減ることになりますので、
 所得税・住民税が削減できる可能性がある
 (デメリットの3番目)
・個人事業と法人の間における、経費削減(長くなるので割愛)
・法人をメリットを生かしてお金を残すことも可能。

デメリット
・法人の維持する支出は増加します
 (法人税・税理士報酬等)
・法人化した会社と個人事業においてやり取りがある場合、
 整備すべきところを整備しない場合、
 税務上問題が発生する可能性はあるかもしれません。
・社会保険料控除が減少しますので、その分課税所得が増加する可能性があります。


といったところかと思います。
こういう形は、大小違いはあるかもしれませんが、結構行われているようです。
その他ご質問等あればお気軽にコメント下さい。
+ 全文を見る