不動産・住宅ローンの相談

外国籍の夫名義での中古住宅購入

ゆきふった(東京都)

解決済み 2018年02月03日
有利とは決して言えない以下の条件で住宅ローンを探しております。

1.夫は外国人。去年永住権を申請したが、健康保険の支払い遅延(納税はしてる)を理由に不可。個人事業主、ただし8年勤務。所得は300万はいかないが、29年度は多少上がり、320万ほど。

2.私は日本人で甲が個人事業主で120~160万の所得、さらに乙が28年まで派遣社員で100万前後の収入。29年より幸か幸いか直雇いになり、雇用形態は外注なのでこちらも個人事業。ただし、条件に合わせて会社側が契約社員に雇用形態変更してくれる可能性あり。(銀行さんによっては有利、不利に動きますね)

3.購入予定の物件が古く、昭和49年築。リフォームローンも合わせて考えています。
ただ土地の価値はさほど悪くはなく、420平米。全部で言い値が1500万円。
融資希望額が2000万円、頭金は最低300万程度。

主人の名義、もしくはペアローン、最悪私の名義でできるところを探しています。
永住権がなくても何箇所かは申請できるようですが、なんせ条件が厳しいので、なんとか通るようにポイントを抑えたいと思います。
どの手段で仮審査を行えば良いのか等、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。

No.1248

質問者からのメッセージ

2018.02.05

ありがとうございました

回答 1件

ベストアンサーに選ばれた回答です!

北山 哲也 ファイナンシャルプランナー
所属:FPくらしのクリニック
エリア: 東京都 大田区

ゆきふった 様

初めまして。
FPくらしのクリニックのファイナンシャルプランナー 北山と申します。

さて、住宅ローンについてのご相談ですが、借り入れ可能な金融機関や
金利等の条件等につきまして調査するに当たり、よろしければ以下の
情報を頂戴できますでしょうか。
それにより、借り入れの可否、条件等が絞り込まれるからです。

1.ご主人の国籍はどちらか(国名)
2.ご夫婦それぞれの年齢
3.お子様の有無と年齢
4.ご主人、ゆきふった様それぞれの職種と就業年数
5.現在お住まいのご住所
6.購入ご予定物件のご住所(お分かりの範囲内で)
7.預貯金の額(頭金としてご予定の300万円を含む)

さらに詳細な情報については、ご相談頂くことをお決め頂いた後で
ご教示頂けましたら結構です。

お役に立てるようでしたら、まずは上記の情報を差し支えの無い範囲で頂けますでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。

FPくらしのクリニック
〒144-0031
東京都大田区東蒲田1-23-1-101
携帯番号:080-3182-1329

2018年02月03日


北山さま

早速のご回答をありがとうございます。
ご質問にお答えします。

1.ご主人の国籍はどちらか(国名)
 イギリス

2.ご夫婦それぞれの年齢
夫38、妻41

3.お子様の有無と年齢
なし

4.ご主人、ゆきふった様それぞれの職種と就業年数
主人 8年 英会話教師
妻 3年 リラクゼーション、事務(29年度に派遣社員→委託へ。同じ勤め先としては3年程度)

5.現在お住まいのご住所
西東京市

6.購入ご予定物件のご住所(お分かりの範囲内で)
相模原市

7.預貯金の額(頭金としてご予定の300万円を含む)
頭金に200万程度上乗せ

今回はどの銀行にするか、どのように申請するか等だけに相談内容を絞り込みたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

2018年02月03日


ゆきふった 様

ご連絡ありがとうございます。
FPくらしのクリニックの北山です。

ご提供頂きましたご世帯情報を確認させて頂いた上で、
以下、情報を提供させて頂きます。
借り入れを検討されるのは次の2つの手段のいずれかになると思います。

1.配偶者(ゆきふった様)が日本人の場合、日本国籍を持たなくても入籍期間が7年以上であれば、融資の対象とする
  金融機関もあります。
  
  国籍は持っていなくとも、配偶者のためにマイホームを購入したいという方は多いからです。
  ただし、やはり住宅ローンを借りる際には、永住権の取得を強く勧められることになります。
  国籍は変えなくとも、永住権を持っていない場合は、理由を追求されるかもしれません。

  数十年という返済になる住宅ローンを借りるわけですから、永住してきちんと返すという意志を示すことは
  とても重要になります。

  金融機関としては、日本がまだまだグローバル化に出遅れているとはいえ、大手銀行は対応してくれる可能性
  があるようです。英語サポートスタッフもおりますので、気軽に相談にのってもらえるはずです。

  具体的には、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などは、表面上は日本国籍や永住権が必要という条件が
  設けられていますが、日本国籍や永住権がないという人にも、住宅ローンを貸し出している実績があります。
  ただし、みずほ銀行は最近、新規住宅ローンの取り扱いを原則ストップしているようですので、三井住友銀行や
  りそな銀行あたりは、当たってみる価値はあるかと思われます。
  その場合、頭金20%以上、在住年数7年以上、勤続年数3年以上といった条件を満たせば、
  永住権を持たなくても融資を受けられる可能性があります。
  ただし、金利が割高になったり変動金利でしか借りれないなどの条件が付く場合もありえます。

2.外資系ノンバンクや自国の銀行を利用するという手段もあります。
  
  日本での信用が証明できない場合、自国での信用を調査してもらうという方法です。

  外資系ノンバンクでは、日本以外の海外で在住していた際の信用情報を基準に融資をしてくれるサービスもあります。

  また、自国の銀行(英国の銀行)を利用して融資を受け、日本で不動産を購入することもできます。
  国や企業によって条件が異なってくるので、それぞれの機関に詳細を問い合わせることになります。
  ちなみに シティバンクのような外資系金融機関は、永住権がなくても申込は受け付けてくれます。
  ただし、一般的にはお金が他国に流れてしまうことや、信用調査に手間がかかるため、手数料や金利が高くなってしまう  傾向にあります。できることなら、日本の金融機関で住宅ローンを借りれた方が安くなるでしょう。

以上、融資を受けられる可能性のある方法と相談に値する国内銀行をお知らせ致しました。
国内大手銀行に相談する、英国の銀行もしくは外資系の銀行・ノンバンクの利用を検討する、
という手順でご相談なさることが現実的だと考えます。
まずは、最寄りの三菱東京UFJ銀行にご連絡頂き、直接お二人で相談に出向いてみられることを
お勧め致します。

FPくらしのクリニック
北山 哲也
〒144-0031
東京都大田区東蒲田1-23-1-101
連絡先:080-3182-1329

2018年02月03日


ありがとうございます。

みずほ銀行にはもう電話をしてNGとのことでした。
あと三井住友銀行とUFJも大丈夫そうですね。あと、新生銀行。ただアプローチの仕方次第でNGになりそうですね、気をつけようと思います。

気になるのは2に書いた内容ですが、
もしかすると雇用形態を変えてもらえるのですが、みずほ銀行さんはパートは収入ゼロとみなすとのことでしたが、ネットで見る限りは銀行によって変わってくるみたいですね。
もし変えてもらえるなら契約社員(乙)、もしくは委託のまま全部自営にした方がいいのか。どちらが融資額、信用度と共に良いのでしょうか。
特に私の名義で借りるとしたら大切な部分ですよね。

また、国籍は関係あるのでしょうか?
永住権は必要なのは分かります。永住権は取らないのではなく、取る前提で申請します。ほとんどの銀行もそういった前提でがほとんどのような気がします。

ありがとうございました。

2018年02月03日


同じ勤務先に3年以上という観点から考えると(実際そうですよね?)、契約社員に変えてもらって、
勤続3年以上とした方が有利でしょうね。

ご主人の国籍は英国とのことですので、特に外国籍ということでは問題ないでしょう。
問題になるのは、テロ国家とか・・・お分かりいただけると思います。

お役に立てたのでしたら幸いです。

無事に事が進みますよう、お祈りいたします。

何かございましたら、お気軽にお声がけください。

FPくらしのクリニック
北山

2018年02月03日


北山さま

丁寧にどうもありがとうございました。
難しい条件ですが、できる限りのことをしようと思います。

ありがとうございました。

2018年02月03日


コメントする





更新情報

2018-02-15
東京都千代田区のFP、 FPプレイヤーの田中先生を掲載しました。

2018-02-07
福岡県宗像市のFP、 株式会社FP21の中田先生を掲載しました。

2018-01-25
兵庫県播磨町のFP、 株式会社ドリームインターナショナルの菅田先生を掲載しました。

2018-01-22
広島県広島市のFP、 山本総合法律事務所の山本先生を掲載しました。

2018-01-22
島根県松江市のFP、 かみマネークリニックの上先生を掲載しました。

2018-01-16
神奈川県横浜市のFP、 寿FPコンサルティング株式会社の高橋先生を掲載しました。

2018-01-12
愛知県名古屋市のFP、 つなぐFPオフィスの世良先生を掲載しました。

2017-12-25
岐阜県羽島市のFP、 Prova Orsoの山田先生を掲載しました。