家計・教育費に関する相談
家計の収支を把握していますか?

現時点での、毎月の総収入と総支出を完全に把握している人は意外に少ないです。
一般的に収入は給料となりますが、支出に関しては、「生命保険や損害保険」、「住宅ローン」
「水道光熱費」、「食費」、「交際費」など、多岐に渡り、「だいたいいくらぐらい」という感覚の中で
生活している方が、とても多いです。

「効率的な貯蓄」をするには、まず家計の把握が先決です。
簡単に話すと、、総収入と総支出を完全に把握した上で、総収入を上げ、
総支出を減らすと、貯蓄額が増えます。

総収入を増やすには、給料を上げるか本業の他に副業として空いている時間などに、
アルバイトをするぐらいしか無いと思われます。
最近では企業も副業禁止の考えから、「業務に支障の無い程度ならOK」という考え方に変化してきています。

次に、総支出を減らすには、「無駄な出費」を抑えることが一番早いです。
「生命保険や損害保険」を契約している方は、同じ保障で保険料が安くなるプランもあります。
「住宅ローン」を組む際にも、福祉厚生や税制を上手に利用すれば、支払額が優遇される場合もあります。
一時テレビやニュースでも言われていた、「外食」から「中食」に変化してきたのも、
家計の支出を減らすという点では大きな削減になったことでしょう。
このように、あなたが「家計を把握する」ということを行っただけでも、色々削減が出来るポイントや
切り替えられるポイントがあります。

ファイナンシャルプランナーは保険の見直しや、住宅ローンの返済プランなどを提供するプロですので、
色々と相談することが可能です。
また、当サイトに掲載しているファイナンシャルプランナーは相談が無料の方も多く、
何回も相談して、納得してから保険の契約や住宅ローンを組むといったケースも多く報告されています。


相談申込みはこちらから

現在、454 名の方が相談の真っ只中!FPの先生の予定が詰らないうちに相談申込みをしましょう!





更新情報

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。

2017-08-26
のFP、 の山田先生を掲載しました。

2017-08-22
長崎県佐世保市のFP、 行政書士FP加藤玲事務所の加藤先生を掲載しました。

2017-08-11
青森県むつ市のFP、 家計のみかたエフピー事務所の赤松先生を掲載しました。