保険見直し相談
年間保険料の平均はなんと45.4万円

生命保険文化センターが実施した調査(平成22年)によると、
1世帯あたりの年間保険料の平均はなんと45.4万円!

一時期よりかは下がってきているとはいえ、これを30年間支払うと想定するとその額は1,362万円で
軽く高級車が買えてしまう金額になります。

人生におけるもっとも高額な買い物の1つに上げられる保険なのに、
安易に加入してしまっている方が多いのが実情です。

成人日本人の90%は何らかの保険に加入していると言われています。
しかし、残念ながらそのうちの90%以上が「友人や知り合いに勧められた」や
「勧誘員の言うことをそのままに受け取って契約した」などという理由で保険に加入している人がほとんどです。
保険という商品は基本的に保険料が上がれば「保障額」や「保障範囲」が拡大していくものです。
しかし、あなたに「何の」保障が必要なのかというのを理解していなければ、
いったいどれぐらいの保障額・範囲の保険に加入していれば良いのかわかるわけがありません。

必要以上の保険に入っていること、もしくは必要な保険に入っていないことはありませんか?
必要最低限の保険料で、あなたに必要な最大の保障を受けることも可能です。

実は、あなたの必要保障額は毎年変わっています!

多くの人は、必要以上の保険に加入したり、必要額以上の保障額に設定していたりします。

保険というのは「安全」を買う商品であり、
一般の商品のように利益を上げるための商品ではありませんから、
扶養家族の有無や両親の有無、結婚の計画や老後の計画など、様々な視点で計算すると、
あなたの人生設計に必要な保障額というのは変動するものなのです。

そこで、自分にマッチした保障額だけの保険に加入できれば、
不必要な保険料を支払うこともなくなりますから、家計の節約につながることも多く、
「保険の見直しで毎月の貯蓄が○万円増やせる」と、アピールするFP紹介サイトがあったりするわけです。

しかし自分だけだと、人生設計を考えたとしても、そこにどの程度の保障額が必要なのかを
見極めることが出来ません。そこで「見極める」という役割をこなしてくれるのが、
「ファイナンシャルプランナー」なのです。

ファイナンシャルプランナーに相談することによって、
保険料の減額や、保障料の増額や保障範囲の拡大に成功したという人が大勢います。
先に述べた、一昔よりかは年間保険料の平均額が下がってきたのもファイナンシャルプランナーの
活躍によるところが大きいでしょう!

また、ファイナンシャルプランナーは特定の金融機関に属していないため
1社の保険商品だけを勧められるといったことが無く、複数の保険会社の商品から
あなただけのために組み合わせることが出来るのです。
保険商品は生涯の中で「家・土地」に次ぐ2番目に高い商品と言われています。

ファイナンシャルプランナーに相談すると、毎月の支出に将来の夢を加えた設計、
それらを老後を迎えるまでの数十年分の収入と支出の内訳を作成してもらえます。
この機会にプロに相談して、一度見直してみてはいかがですか?


相談申込みはこちらから

現在、454 名の方が相談の真っ只中!FPの先生の予定が詰らないうちに相談申込みをしましょう!





更新情報

2017-02-25
兵庫県神戸市のFP、 たよれるFPオフィスの橋田先生を掲載しました。

2017-02-25
兵庫県西宮市のFP、 スタジオポルテ夙川公園FPオフィスの松村先生を掲載しました。

2017-02-25
滋賀県草津市のFP、 FP office CO-SEI (エフピーオフィス コーセイ)の谷先生を掲載しました。

2017-02-25
栃木県宇都宮市のFP、 あくつFP事務所の阿久津先生を掲載しました。

2017-02-25
福井県福井市のFP、 株式会社タウンズふくいの石田先生を掲載しました。

2017-02-25
滋賀県彦根市のFP、 株式会社MKエステートの小林先生を掲載しました。

2017-02-25
長崎県川棚町のFP、 行政書士AFPしゅくわ事務所の宿輪先生を掲載しました。

2017-02-25
東京都荒川区のFP、 富田FP事務所の富田先生を掲載しました。