【消費税増税前に購入するべき?】

2018.10.17

消費税は2019年10月から現行の8%が10%に増税となる予定です。
住宅は購入金額が高いので、この2%の差は大きいでしょう。

例えば2,000万円の住宅を建築する場合、消費税8%であれば160万円の負担ですが、増税後の10%となると200万円となり、40万円も負担がアップします。

よく勘違いされる方が多いのですが、土地の購入自体には消費税がかかりませんから、消費税増税の影響は受けません。
土地は“消費”するものでは無いので、消費税は非課税となっています。

ですので、住宅購入時に消費税を負担することになるのは、建物本体部分となります。

よく増税前には“駆け込み需要”が発生しますが、ではいつまでに購入をすれば消費税8%のままで購入できるでしょうか?

答えは、2019年9月30日までに住宅の引渡しが完了すれば、消費税は8%のままです。
また、2019年10月以降の引渡しでも、請負契約が2019年3月31日までに締結されていれば、同じく税率8%のままです。

消費税増税が決まれば、「住宅購入は増税前に!!」という広告が巷にあふれかえり、急いで購入しなければならない気持ちになってしまいます。

しかし、焦りは禁物です。
いまはオリンピック需要で建設資材は高騰しています。


そこに、増税前の駆け込み需要がなだれ込んでくれば、建設業の職人さんは大幅に不足するでしょう。
建設資材は高いし職人さんの賃金もアップ、となれば購入価格に跳ね返ってきます。

オリンピック景気、増税前の駆け込み需要が落ち着けば、その反動はやってきます。
需要が落ちつけば、希望するエリアの土地も安く購入できるかもしれません。

消費税増税は、少し計画のペースを速めれば増税前に購入できる、という場合を除けば自分のペースで計画を進めていくのがよいでしょう。


消費税増税


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い
『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場で診断します。


マイホーム予算修正後


「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。
まずはお気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

この記事を書いた専門家

カテゴリ