【リフォーム資金を有利に借りる方法とは?】

2018.07.19

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

住宅ローンは有担保で借りるローンですので、必ず住宅を担保に提供することになります。
ですので、流通市場で売買できないような場所にある住宅などでは担保評価が問題となってくることがあります。

では、古家のリフォームの場合はどうでしょうか?
リフォームでも住宅ローンは利用できますが建物の築年数が古かったり、土地が調整区域であったりすると、担保価値は著しく低くなってしまうことでしょう。

そういったケースでは、リフォーム費用の全額を住宅ローンで借りることが難しくなり、無担保のリフォームローンもあわせて検討することになります。しかし銀行の中には、リフォームにかかった費用そのものを担保価値と見てくれるところがあります。

つまり、1,000万円のリフォームを行えば、1,000万円の住宅の価値が上がったと評価してくれる銀行もあるのです。
そういった銀行であれば、例え建物の築年数が古くても、土地の担保評価が低くても、リフォーム費用の全額を住宅ローンで借りることが可能です。

リフォームの予算が多額になる場合には、金利の高いリフォームローンを利用するよりも、住宅ローンを利用した方が有利となります。

当社は新築の際の住宅ローン相談のみならず、リフォームの際のローン相談も行っています。
お気軽にお問い合わせください。

リフォーム


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 住宅購入相談専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、将来に渡って住宅ローンの返済に困ることの無い
『マイホーム購入予算』を、第三者の中立的な立場で診断します。


マイホーム予算修正後


「住宅購入予算」「住宅ローン」「資金計画」など、住宅購入時のお金の悩みはご相談ください。
まずはお気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

カテゴリ: 資産運用(23)住宅ローン(63)貯蓄の仕方(3)子育て(4)保険(24)老後・年金・セカンドライフ(6)その他・時事(50)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

FP事務所 ㈱ハピネス

千葉県柏市若柴178-4 柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟6階

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-10-19
群馬県高崎市のFP、 群馬FP事務所の松田先生を掲載しました。

2018-10-05
香川県高松市のFP、 株式会社S・H・Cの大熊先生を掲載しました。

2018-09-14
沖縄県那覇市のFP、 あいエフピーの大浜先生を掲載しました。

2018-08-30
三重県四日市市のFP、 アイティーオー株式会社の伊藤 先生を掲載しました。

2018-08-12
石川県金沢市のFP、 北島未来経営研究所の北島先生を掲載しました。

2018-07-30
広島県広島市のFP、 be the light株式会社の岩元先生を掲載しました。

2018-07-28
東京都新宿区のFP、 株式会社FPバンク 新宿officeの冨永先生を掲載しました。

2018-07-25
埼玉県熊谷市のFP、 株式会社スプラウトの細田先生を掲載しました。