【優良工務店の選び方⑥~工務店の能力にあった現場数である!】

2017.10.30

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

住宅建築には、「基礎工事」「電気工事」「水道工事」・・・と、数多くの工事業者が入ります。

しかし、これらの業者は自分の工事が完了すれば仕事が終わります。
そこで、最初から最後まで現場の管理をするのが工務店であり、現場監督です。

現場監督は、工事業者の手配からスケジュール管理、工事業者の教育管理まで行っています。

本来は工事業者が手を抜いていないか目を光らせ、教育をするものです。
しかし、1人の監督が管理できる現場には限度があります。

1人で同時に数多くの現場を抱えていれば、1つの現場で目を光らせる時間も少なくなってしまいます。

そうなると工事業者の教育もおろそかになり、現場全体の空気が緩んできます。
社員がいつも疲れきった表情をしている場合には、適正な現場数を超えて仕事をしている可能性もあります。

そういった工務店では「施工が雑でもこれぐらいであれば大目に見るか・・・やり直しをさせると管理(仕事)が増えるし・・・」となる可能性もあります。

社員が疲弊していないかもよく観察してみてください。




 

カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(42)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(54)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-01-22
広島県広島市のFP、 山本総合法律事務所の山本先生を掲載しました。

2018-01-22
島根県松江市のFP、 かみマネークリニックの上先生を掲載しました。

2018-01-16
神奈川県横浜市のFP、 寿FPコンサルティング株式会社の高橋先生を掲載しました。

2018-01-12
愛知県名古屋市のFP、 つなぐFPオフィスの世良先生を掲載しました。

2017-12-25
岐阜県羽島市のFP、 Prova Orsoの山田先生を掲載しました。

2017-12-06
愛知県江南市のFP、 フジミFPオフィス株式会社の藤井先生を掲載しました。

2017-11-20
東京都板橋区のFP、 はなFP事務所の松本先生を掲載しました。

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。