【経営する会社が赤字でも住宅ローンを借りる方法】

2017.09.20

個人事業主・会社経営者の住宅ローン相談を行っているファイナンシャルプランナーの真崎です。

会社経営者の方が住宅ローンの申込みをされますと、銀行から「決算書」を求められるケースが多くあります。

いままで会社の申告は社長であるご主人がやっており、住宅ローンを申し込む段階になって赤字申告であった事を奥様が知る・・・これは以外にあるケースです。

会社経営者の住宅ローンは、「個人の信用情報」の審査にプラスして、「会社の経営情報」の審査も行われるため、赤字申告ですと住宅ローンの申し込みの段階で慌てることとなります。

まず「個人の信用情報」は、役員報酬を安定して取っており、住宅ローン以外の債務が無ければ、まず問題ありません。
問題となってくるのが、多くの経営者が心配する「会社の経営情報」です。

赤字の申告年度がありますと、初めて取引をする銀行へ住宅ローンの申込みをされても、難色を示される可能性が高くなります。

普段お取引をされている銀行に相談するのが良いかと思いますが、今まで事業融資を受けたことが無いようであれば、こちらも決算書の内容を厳しく精査されてしまいます。

ではどうすればよいか?ですが、「原則決算書の提出が必要の無い」金融機関へお申込みをすることが解決策となります。

会社経営者の方であっても、「個人の信用情報」の審査を重視し、「会社の経営情報」の審査はほとんど行わない金融機関があります。そういった金融機関であれば、過去の赤字も問題にはなりません。

税務署

カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(52)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(24)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(56)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-04-23
東京都大田区のFP、 みらいライフFP事務所の石黒先生を掲載しました。

2018-04-19
東京都多摩市のFP、 FP事務所クライムアップの安井先生を掲載しました。

2018-04-14
埼玉県川口市のFP、 住宅ローンのミカタ株式会社の古川先生を掲載しました。

2018-04-11
滋賀県米原市のFP、 アセットアプレイザルの綿﨑先生を掲載しました。

2018-03-12
栃木県宇都宮市のFP、 Original Life Designの佐藤先生を掲載しました。

2018-02-28
大阪府大阪市のFP、 TOTAL SOLUTIONの永岡先生を掲載しました。

2018-02-28
広島県広島市のFP、 有限会社フォートレス 広島の眞野先生を掲載しました。

2018-02-15
東京都千代田区のFP、 FPプレイヤーの田中先生を掲載しました。