【フラット35の審査はどこで申し込んでも同じか?】

2017.06.23

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

長期固定金利が特徴の「フラット35」は、住宅金融支援機構が提供している住宅ローンです。

この商品は、数多くの金融機関が窓口となっていますが、商品提供元が住宅金融支援機構なので、どこで申し込んでも審査基準は同じか?というとそういう訳ではありません。

大枠の審査基準は住宅金融支援機構が定めていますが、個別具体的な審査はまず最初に、窓口となる金融機関が行います。窓口となる金融機関の審査をパスした案件が、住宅金融支援機構の審査に回る形となっています。

そして、窓口となる金融機関によって、審査基準は微妙に異なります。
微妙な基準の違いにより、A社で申し込んでもローン審査に通らなかった方が、B社で申し込んだら審査を通過した、ということは稀にあります。

しかし、ライフプランを作成してみますと「全期間固定金利が適している」、もっと言えば、「全期間固定金利以外では借りてはダメ」な方がいるのも事実です。(固定金利を選んだ方が良い人は?についてはこちらをご覧ください

そのような方は、住宅ローンを借りる場合には、フラット35が住宅ローン選択の最有力候補となります。
フラット35が最適な住宅ローンにも関わらず、審査を通らなかった方は他の金融機関で申し込んでみるのも1つの手です。

しかし、住宅ローンは借りることが目的ではなく、ずっと幸せにマイホームに住み続けることが目的のはずです。

ですので、他の金融機関で申し込む前に、必ず家計の見直し・改善をして、あなたにとって適正な住宅購入予算額で申し込むようにしましょう。


カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(42)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(54)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-01-22
広島県広島市のFP、 山本総合法律事務所の山本先生を掲載しました。

2018-01-22
島根県松江市のFP、 かみマネークリニックの上先生を掲載しました。

2018-01-16
神奈川県横浜市のFP、 寿FPコンサルティング株式会社の高橋先生を掲載しました。

2018-01-12
愛知県名古屋市のFP、 つなぐFPオフィスの世良先生を掲載しました。

2017-12-25
岐阜県羽島市のFP、 Prova Orsoの山田先生を掲載しました。

2017-12-06
愛知県江南市のFP、 フジミFPオフィス株式会社の藤井先生を掲載しました。

2017-11-20
東京都板橋区のFP、 はなFP事務所の松本先生を掲載しました。

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。