【水回り設備の操作デザインが統一されます】

2017.04.03

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

人間は言葉を持たなかった大昔から、「絵」で気持ちを表していました。
洞窟などに書かれた壁画がそうですよね。

でも、見る人によって意味の捉え方が異なるケースもあります。
例えば、湯気が3本出ている日本人なら誰もが知っている温泉マーク。

外国の方が見ると
「温かい料理を出すお店?」
「お茶かコーヒー?」
と認識することもあるようです。

所変われば、意味合いもずいぶんと変わってしまうものですね。
そこで、水回り住宅設備メーカーの業界団体は、トイレの操作パネルにある便器洗浄の「大」「小」や便座の開閉などの操作デザインを統一したと発表しました。

1964年の東京オリンピックでは、男女のトイレをシルエットで示す絵記号が生まれ、外国にも広がりました。
2020年の東京オリンピックを見据え、新しい統一記号で世界標準をめざし、海外への販売に弾みをつけたい思惑があるようです。

また、それとは別に温泉マークなどの変更も検討されているそうです。
初めて見る外国人でも分かりやすくするのはいいことですが、「温泉マーク」が変わるとすれば、複雑な心境ですね。


カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(37)貯蓄の仕方(3)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(7)その他・時事(50)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2017-10-23
福岡県福岡市のFP、 FPオフィスALIVEの國弘先生を掲載しました。

2017-10-03
群馬県高崎市のFP、 あさまFP事務所(司法書士あさま法務事務所)の冨沢先生を掲載しました。

2017-09-30
東京都大田区のFP、 FPくらしのクリニックの北山先生を掲載しました。

2017-09-05
神奈川県大和市のFP、 FPオフィスMRGの中根先生を掲載しました。

2017-08-31
東京都青梅市のFP、 株式会社日野FP事務所の小野先生を掲載しました。

2017-08-26
のFP、 の山田先生を掲載しました。

2017-08-22
長崎県佐世保市のFP、 行政書士FP加藤玲事務所の加藤先生を掲載しました。

2017-08-11
青森県むつ市のFP、 家計のみかたエフピー事務所の赤松先生を掲載しました。