【不動産を共有名義で購入する際に注意すべき点とは?】

2017.02.27

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。

共有名義とは、購入する住宅の所有者を、複数の方の名前で登記をすることです。
しかし、どのような割合で登記をしても良いわけではなく、“お金を出した割合”に応じて登記をしないと贈与税の問題が生じてしまいます。

例えば、3,000万円の住宅を購入する際に、ご両親が1,000万円を出してくれたとします。
通常ですと、この1,000万円は“もらえば”贈与税の対象ですし、“借りれば”利子を含めて返済しなければなりません。

そこでお金を出してくれた割合の3分の1だけ、ご両親を不動産の所有者として登記をするのです。
そうすることにより、ご両親は、1,000万円の不動産を購入するのに、1,000万円のお金を出したことになり、贈与税の問題は生じません。

ただし、お金を出した割合と、不動産登記の割合を間違えしまうと贈与税の問題が生じますので注意が必要です。


カテゴリ: 資産運用(27)住宅ローン(43)貯蓄の仕方(4)子育て(6)保険(10)老後・年金・セカンドライフ(8)その他・時事(54)

このコラムの執筆者
真崎 喜雄

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

千葉県柏市柏4-5-10 サンプラザビル2F

得意分野:住宅購入相談




更新情報

2018-01-22
広島県広島市のFP、 山本総合法律事務所の山本先生を掲載しました。

2018-01-22
島根県松江市のFP、 かみマネークリニックの上先生を掲載しました。

2018-01-16
神奈川県横浜市のFP、 寿FPコンサルティング株式会社の高橋先生を掲載しました。

2018-01-12
愛知県名古屋市のFP、 つなぐFPオフィスの世良先生を掲載しました。

2017-12-25
岐阜県羽島市のFP、 Prova Orsoの山田先生を掲載しました。

2017-12-06
愛知県江南市のFP、 フジミFPオフィス株式会社の藤井先生を掲載しました。

2017-11-20
東京都板橋区のFP、 はなFP事務所の松本先生を掲載しました。

2017-10-31
島根県松江市のFP、 おりーぶ行政書士&FP事務所の小室先生を掲載しました。